招へい研究者事業 | Asako WECHS HATANAKA

畑中 麻子  
Asako WECHS HATANAKA
WECHS HATANAKA Asako
立命館大学法学部 准教授

招へい期間 / Visiting Term

平成24(2012)年11月29日 - 平成25(2013)年2月9日

研究テーマ / Research Theme

「商標権侵害に係るインターネット・サービス・プロバイダの責任に 関する欧州と日本の比較研究」(仮訳)

“Liability of Internet Service Provider Related to Trade Mark Infringement in Europe and Japan”

略歴 / Career

慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シスコシステムズ(株)に勤務し、2004年から現在に至るまでヨーロッパ各地の知財界で経験を積む。英国・ロンドン大学クイーンマリー校及びフランス・ストラスブール大学CEIPI (Centre for International Intellectual Property Studies)にてLL.M.取得後、パリのベーカー&マッケンジー法律事務所、Fédit-Loriot事務所、また、ジュネーブのWIPO仲裁調停センターに勤務。2009年よりストラスブール大学CEIPI博士課程に在籍の傍ら、ミュンヘンのマックスプランク知的財産法・競争法研究所における研究プロジェクト「Mediation and the Out-of-Court Settlement of Disputes in Intellectual Property Law」 に従事。

論文・著作物 / Publications

  1. 畑中麻子「フランスにおける職務発明報酬制度の実態」 A.I.P.P.I 53号9巻34-40頁 (2008)
  2. 畑中麻子「WIPO仲裁・調停による知的財産権紛争の解決」 A.I.P.P.I 54号6巻2-14頁(2009)
  3. de Castro I., Theurich S. and Hatanaka A. “Review of the World Intellectual Property Organization's Arbitration and Mediation Center” in: Grigera Naón H. et Mason P.E. (eds.) “International Commercial Arbitration Practice in the 21st Century”, Chapter 45, pp. 1-22, (LexisNexis, 2010)
  4. Wechs Hatanaka A. “Case Commentary: Shisa" IIC: International Review of Intellectual Property and Competition Law, Vol. 41, No. 8, pp. 986-992 (Max Planck Institute for Intellectual Property and Competition Law, 2010)