招へい研究者事業

 当研究所では特許庁の委託により、産業財産権分野の主要な研究者を招へいしています。


平成28年度招へい研究者

※研究テーマ及び滞在日程等は変更の可能性があります。

招へい済み

お名前/現職 研究テーマ 滞在日程
Mr. Jeremy Nathan Sheff
ジェレミー・ネイサン・シェフ
[セント・ジョンズ大学 法学部教授、IP法センター長]
日本商標データセット:初の分析(仮)平成28年6月20日~
平成28年8月6日
Ms. Kelli Lee Larson
ケリー・リー・ラーソン
[ハンケン・スクール・オブ・エコノミクスPhD候補]
特許付与後異議申立制度に関する日米比較研究 (仮) 平成28年6月27日~
平成28年8月20日
Mr. Liu, Yinliang
リュウ・インリャン
[北京大学 知的財産法教授]
特許審査及び特許訴訟制度の研究(仮) 平成28年6月30日~
平成28年9月1日
Mr. Matteo Dragoni
マッテオ・ドラゴーニ
[米スタンフォード大学ロースクール、LLM候補]
日本のソフトウェア特許:米国とEPCの制度の相違点と類似点、制度調和の見通し (仮) 平成28年8月22日~
平成28年11月19日
Ms. Federica Baldan
フェデリカ・バルダン
[アントワープ大学、PhD候補]
知的財産専門裁判所における司法の一貫性:日本と欧州の比較分析 (仮) 平成28年9月20日~
平成29年2月4日
Mr. Dhanapat Ram Agarwal
ダナパット・ラム・アガルワル
[インド国際貿易研究所、所長]
特許権の国際消尽と並行輸入:インドと日本の比較研究 (仮) 平成28年11月14日~
平成29年2月11日
Ms. Hu, Jingjing
フー・ジンジン
[北京大学ロースクール、PhD]
特許権侵害による損害賠償額と競争の連携-日本、ドイツ、米国、中国の比較 (仮) 平成28年7月19日~
平成29年2月18日

過去の招へい研究者

※以下の方はプロフィールの掲載の許可をいただいております。

研究者名 肩書き/所属 FY
Hu, Jingjing
フー・ジンジン
Ms. HU, Jingjing Ph.D. of Law ( Law School of Peking University) 2016
(H28)
Dhanpat Ram Agarwal
ダンパット・ラム・アガルワル
Dr. Dhanpat Ram Agarwal Director,
Institute of International Trade (Center for WTO Studies)
2016
(H28)
Federica Baldan
フェデリカ・バルダン
Ms. Federica Baldan PhD Researcher at University of Antwerp, Government & Law Research Group 2016
(H28)
Matteo Dragoni
マッテオ・ドラゴーニ
Mr. Matteo Dragoni Ph.D.; LL.M.; Attorney at Law
Research Fellow, University of Pavia
2016
(H28)
LIU, Yinliang
リュウ・インリャン
Mr.Liu_Yinliang Professor of Intellectual Property Law, Peking University Law School, China 2016
(H28)
Jeremy Nathan Sheff
ジェレミー・ネイサン・シェフ
Mr.Jeremy Nathan Sheff Professor of Law
Director, Intellectual Property Law Center
St. John’s University School of Law
2016
(H28)
Yoo, Ji-Hye
ユ・ジヘ
Ms.Jihye Yoo Senior Research Fellow, Lecturer, The institute of Comparative Legal Studies, Kangwon National University, Korea 2015
(H27)
CHOU, Chih-Hao
シュウ・シハオ
Mr.Chou, Chih-Hao Patent Examiner, Section 6, Second Patent Dividion,Intellectual Property Office, Ministry of Economic Affairs 2015
(H27)
Martin Husovec
マーティン・フソヴェック
Mr.Husovec Assistant Professor, University of Tilburg (Tilburg Institute for Law, Technology and Society & Tilburg Law and Economics Center) 2015
(H27)
Henri de Belsunce
ヘンリ・デ・ベルサンス
Mr.Henri de Belsunce Research fellow, Max Planck Institute for Innovation and Competition, Munich 2015
(H27)
LI, Yang
ヤン・リ
Mr.Yang LI Associate Professor, Northwest University of Political Science and Law of China 2015
(H27)
Kevin Emerson Collins
ケヴィン・エマーソン・コリンズ
Kevin Emerson Collins Professor of law,
School of Law, Washington University in St. Louis
2015
(H27)
WU, Chia-Ying
ウ・チャイン
Chia-Ying Wu Deputy Director, Second Patent Division
Taiwan Intellectual Property Office (TIPO),
Ministry of Economic Affairs (R.O.C.)
2014
(H26)
JEON, SeongTae
チョン・ソンテ
Benjamin Piwei Liu Associate Research Fellow, Korea Institute of Intellectual Property 2014
(H26)
Apostolos Chronopoulos
アポストロス・クロノポロス
Benjamin Piwei Liu Lecturer, Centre for Commercial Law Studies (CCLS), Queen Mary University of London 2014
(H26)
Benjamin Piwi LIU
ベンジャミン・ピウェイ・リュウ
Benjamin Piwei Liu Assistant Professor of Law, John Marshall Law School 2014
(H26)
Ramesh Bikram Karky
ラメッシュ・ビクラム・カルキィ
Ramesh Bikram Karky International Expert Consultant and Researcher, Independent 2013
(H25)
Petr Kosik
ペトロ・コシィーク
Petr Kosik Civil and business law judge at the District Court in Ústí nad Labem 2013
(H25)
Carol Mullins Hayes
キャロル・マリンズ・ヘイズ
Carol M. Hayes Research Associate, University of Illinois College of Law 2013
(H25)
Stella Padovani
ステラ・パドバーニ
Stella Padovani Attorney at Law, Italian barrister;
Italian and European Trademark and Design Attorney at Jacobacci & Partners, Milan office, Italy.
2012
(H24)
Asako WECHS HATANAKA
アサコ・ハタナカ
WECHS HATANAKA Asako 立命館大学法学部 准教授 2012
(H24)
Nguyen Thi Phuong
ニュエン・ティ・フォン
NGUYEN Thi Phuong Deputy Director, National Institute of Patent and Technology Exploitation (NIPTEX), Ministry of Science and Technology (MOST) 2012
(H24)
Yang Guangming
ヤン・ガンミン
Yang Guangming President, Xiushan County People's Court 2012
(H24)
Yann Henri Basire
ヤン・アンリ・バジア
Yann Basire Associate professor at the University of Haute Alsace
Lecturer, International Study Center of Intellectual Property, University of Strasbourg
2012
(H24)
Pessi Juho Antti Honkasalo
ペッシ・ユホ・アンティ・ホンカサロ
Pessi Juho Antti Honkasalo Associate, Krogerus, Finland 2011
(H23)
Vikrant Narayan Vasudeva
ヴィクラント・ナラヤン・ワスデワ
Vikrant Narayan Vasudeva ・Advocate, Supreme Court of India
・Visiting Faculty, Indian Law Institute, India
・Visiting Faculty, Indian Society of International Law
・Proprietor of Vikrant Narayan Vasudeva Law Offices
2011
(H23)
Dong Tao
ドン・タオ
Dong Tao Associate Professor
Section Chief, Research Section I, Intellectual Property Development Research Center of The State Intellectual Property Office(SIPO)
2009
(H21)
Luca Escoffier
ルカ・エスコフィエ
Luca Escoffier CEO, Usque ad Sidera LLC, TTLF Fellow, Stanford University, Adjunct Researcher, Waseda University. 2009
(H21)
Aunya Singsangob
アニャ・シンサゴップ
Singsangob, Aunya Dean, School of Law, Bangkok University
Associate Judge
2008
(H20)
Viviane Yumy Mitsuuchi Kunisawa
ヴィヴィアネ・ユミ・ミツウチ クニサワ
Viviane Yumy Mitsuuchi Kunisawa Legal counsel, Syngenta Proteção de Cultivos Ltda.
2007
(H19)
Yuying Guan
グワン・ユーイン
Yuying Guan Professor and Executive Director, Intellectual Property Center, Chinese Academy of Social Sciences (CASS)
2007
(H19)
Ilanah Simon
イラーナ・サイモン
Ilanah Simon Senior Lecturer, Faculty of Laws, University College London
2006
(H18)
Frank Gotzen
フランク・ゴッツェン
Frank Gotzen Professor, KU LIUVWEN Centre for IT & IP Law
2006
(H18)
2002
(H14)
Jeong Jin Keun
ジョン・ジングン
鄭 鎭根
Jeong Jin Keun Associate Professor, Law School Kangwon National University 2005
(H17)
Catharina Maracke
カタリーナ・マラッケ
Dr. Catharina Maracke Associate Professor, Keio University,
Faculty Fellow, Berkman Center for Internet & Society, Harvard University
2005
(H17)
Cedric Manara
セドリック・マナラ
Cedric Manar Professor, EDHEC Business School, Law Department 2005
(H17)
Dev Gangjee
デイブ・ガンジー
Dev Saif Gangjee University Lecturer in Intellectual Property, Faculty of Law, University of Oxford
Fellow and Tutor in law, St Hilda's College
Director, Oxford Diploma in IP Law & Practice
2005
(H17)
Michael D.Kaminski
マイケル D.カミンスキ
Michael D.Kaminski Partner; Co-Manager, Tokyo Office, Foley & Lardner LLP 2004
(H16)
Jay P. Kesan
ジェイ・P・ケーサン
Jay P.Kesan Professor
H. Ross & Helen Workman Research Scholar
Director, Program in Intellectual Property and Technology Law, University of Illinois at Urbana-Champaign
2003
(H15)
Howard C. Anawalt
ハワード・C・アナウォルト
Howard C.Anawalt Professor Emeritus, Santa Clara University 2000
(H12)
Robert Pitkethly
ロバート・H・ピットケスリー
Robert Pitkethly Official Fellow and Tutor in Management, St. Peter's College, University of Oxford
Committee member, Oxford Intellectual Property Research Center
1999
(H11)

過去の研究一覧

 

平成27年度
境界線:個別化医療診断の特許適格性の範囲 ケヴィン・エマーソン・コリンズ
FRAND条件が引き起こすホールドアップ問題  リ・ヤン
戦略的特許の新たな代理変数と日米の特許データへのその適用  ヘンリ・デ・ベルサンス
EUと日本における商標的使用の法理 マーティン・フソヴェック
特許の強制実施権-日本とインドの実務の比較分析 V.C. ヴィヴェカナンダン
進歩性/非自明性基準の比較分析とその事例研究-解決すべき課題を中心として シュウ・シ・ハオ
ソフトウェア特許の日本と韓国における保護の状況についての比較研究  ユ・ジヘ

▲このページの先頭へ 

平成26年度
医薬品特許クレーム調和の実証研究 ベンジャミン・ピウェイ・リュウ
立体形状:知的財産と競争政策上の課題 -日本の商標保護制度に関する比較法的意見  アポストロス・クロノポラス
ネットワーク関連特許の共同侵害に関する研究 -韓国・日本・米国の判例及び理論の比較を中心として  チョン・ソンテ
Myriad判決後:バイオテクノロジー特許の実務に関する比較研究 ウ・チャイン
特許権侵害の判決規則に関する日中比較研究 チャン・シャオジン

▲このページの先頭へ 

平成25年度
FRAND宣言に基づくライセンス供与 -技術標準に対する日本のアプローチと世界的な新たな傾向の比較- キャロル・マリンズ・ヘイズ
知的財産法の調和が各国の国際私法規則の多様性にもたらす良い影響 ペトロ・コシィーク
バイオインフォマティクスと特許性の問題 ラメッシュ・ビクラム・カルキィ

▲このページの先頭へ 

平成24年度
日本における特許活用及び産業界への技術移転の促進の経験と、 日本とベトナムの大学及び産業界における特許活用のための 適切な仕組みの整備 ニュエン・ティ・フォン
商標はなぜ保護されるのか? 欧州と日本における商標の機能の問題についての比較研究 ヤン・アンリ・バジア
商標権侵害に係るインターネット・サービス・プロバイダの責任: 欧州・フランス・ドイツ・日本の比較法的見地から 畑中 麻子
デザイン-模倣品に対して過小評価されている対抗手段 ステラ・パドバーニ
中国と日本における知的財産をめぐる紛争解決のための 裁判制度とその仕組みに関する比較研究 ―中国における知的財産専門裁判所の創設 ヤン・ガンミン

▲このページの先頭へ 

平成23年度
オープン及びクローズド・ソースのマルチ・ライセンシング・モデルとソフトウェア保護:これまで提案されたソフトウェア独自保護モデルの再考    ヴィクラント・ナラヤン・ワスデワ
特許性のある主題としてのコンピュータ応用発明   ペッシ・ユホ・アンティ・ホンカサロ
外国裁判所で下された知的財産権の司法保護:日本の視点   ナタポン・チュンラゲート
遺伝子及び遺伝子組換え生物発明の「新規性」要件とピア・トゥー・パテント・システムの潜在的利益   トーマス・マルゴーニ

▲このページの先頭へ 

平成22年度
日本における特許権行使   クリストフ・ラーデマッハー
インターネットにおける特許の権利行使-その課題、傾向及びアプローチ   アグニェシュカ・クプツォック
知的財産事件における日本の最高裁判所調査官の役割   チャイヨス・オラノンシリ
英国、日本及び中国の詐称通用に関する比較研究   リ・イェン

▲このページの先頭へ 

平成21年度
知的財産分野における日本と欧州の統一された裁判管轄制度に向けて   アウレリオ・ロペス-タルエジャ マルティネス
日本及び欧州の大学と産業におけるイノベーションの商業化障壁低減手段:幾つかの実現可能な新しい解決策を伴う知識移転活動の比較アプローチ   ルカ・エスコフィエ
知的財産侵害の効果的な防止抑制のための法と政策の国際的調和   サンタニー・ディサヤブット
バイオシミラー(バイオ後続品)のための簡略承認手続きと特許政策:イノベーションのためのインセンティブと価格競争とのバランス   ドン・タオ

▲このページの先頭へ 

平成20年度
標準化に伴うパテントプールの形成に関する日本のガイドライン : 独占禁止法に基づく実務的及び法的検討-グローバルな観点から   モニカ・アルミロッタ
日本における生命科学分野の特許の藪とライセンス拒絶 : 特許と競争法の接点における法的救済   エステル・ヴァン・ツィメレン
応用美術(デザイン)の法的保護-韓国と日本の意匠法、不正競争防止法及び著作権法の比較を中心に-   チャ・サンユク
オンライン・ビジネス方法特許に関する米国、日本及びタイの法制度についての比較研究   アニャ・シンサゴップ

▲このページの先頭へ 

平成19年度
第二医薬用途をクレームする医薬発明の特許性と保護範囲 -ブラジル等の開発途上国に応用可能な枠組みとしての日欧の取組み   ヴィヴィアネ・ユミ・ミツウチ   クニサワ
特許実施許諾及び譲渡契約における不争義務についての韓国、日本、米国及びドイツ間の比較分析   アン・ヒョジル
画面上の画像デザインの保護-中国法と日本法の比較研究-   グワン・ユーイン

▲このページの先頭へ 

平成18年度
生物多様性条約下における日本企業の遺伝資源へのアクセスについて -オーストラリアの対応を中心として-   カマル・プリ
データベースの製作者に対する産業財産権保護 -欧州及び日本の保護制度の今後に関する考察-   フランク・ゴッツェン
商標機能及びその侵害事件における役割 -EUと日本は相互の経験から何を学ぶことができるのか?-   イラーナ・サイモン
DNA配列及び遺伝子イノベーションの効果的な保護   丘 大煥
中日両国における著名商標保護の比較研究   李 明德
開発途上国及び地域にとっての知的財産権行使モデル   ジュンポン・ピニョシンワット

▲このページの先頭へ 

平成17年度
インターネット関連の国際商標権紛争について-西欧諸国の法的状況と日本の事例-    セドリック・マナラ 
団体商標としての地理的表示保護-その可能性と陥穽-   デイブ・ガンジー 
意匠権と著作権の境界について   カタリーナ・マラッケ 
コンピュータ・ソフトウェア関連の発明における特許性の研究-米、日、欧の実務及び中国における展望-   周俊強 
コンピュータ・プログラムの保護に関する米・EU・日・韓の比較法的研究プログラム リバース・エンジニアリングを中心に - 鄭鎭根

▲このページの先頭へ 

平成16年度
日米欧における植物保護と知的財産権   ムリエル・ライトブールン
日米の共同発明に関する法律の比較及び技術移転に与えるその影響について   メアリー・ラフランス
企業の特許にかかわる活動の業績評価-特許部門の評価手法と評価基準-   マイケル D. カミンスキ
日・米・欧・韓の独占禁止法下における知的財産権ライセンスの研究   韓 志泳
知的財産の保護方法の一般原則に関する研究   申 宰 昊
特許侵害における均等論について―中日における法と実務の比較を中心に   閻 文軍

▲このページの先頭へ  

平成15年度
技術標準化、パテントプール、そして競争政策   金 正勲
製薬業界におけるデータ保護 ~日本とカナダの比較研究   ビシュワ・ラムラル
日本における特許無効手続の比較法的評価 ジェイ・P・ケーサン
エッセンシャル・ファシリティとしての遺伝子 -ブロック・ミー・ノット-   シャムナッド・バシール
21世紀の日本における知財教育のあり方 -その現状と米国から学ぶべき教訓-   イルヒュン・リー

▲このページの先頭へ  

平成14年度
商標保護制度の拡張   フランク・ゴッツェン
立体商標の保護   ジーグリッド・アッシェンフェルト
日越における知的財産権エンフォースメントの主要な側面について   ファン・ヴィエット・ズン
知的財産権に係る司法保護に関する比較研究   羅 東 川

▲このページの先頭へ 

平成13年度
実用新案保護の国際的な発展 -台湾実用新案制度改正への模索-   謝 銘洋
ビジネス方法ソフトウェアの特許性 -日米欧のBMPに対する考え方と価値基準および中国の対応策について-   張 平
特許クレーム解釈に関する比較研究   林 桓毅
並行輸入・特許権の消尽・TRIPS   フロリアン・シュミット-ボガツキー

▲このページの先頭へ  

平成12年度
ドメインネームの不当使用を防止するための立法論   李 哲松
バイオテクノロジー発明の特許性に関する比較研究   張 暁都
インターネットにおける発明・著作物の領布と使用   ハワード・C・アナウォルト
EUと日本における特許製品及び商標商品の並行輸入に関する比較研究 -経済理論の観点から   ペーター・ガネア

▲このページの先頭へ  

平成11年度
特許価値評価と特許統計   ロバート・H・ピットケスリー
特許出願公開に関する経済分析   青木 玲子
台湾における異議申立制度及び無効審判制度の現状と将来   李 欽賢
日本とフィリピンにおける特許及び商標制度の比較研究   マリア・テレサ・M・コルテス