IIP知財塾


IIP知財塾とは

 我が国が知的財産を活用してイノベーションを促進し、産業の国際競争力を強化していくためには、知的財産制度を担う人材を育成することが極めて重要です。とりわけ、社会構造・産業構造が大きく変化する中にあって、知的財産制度に求められる役割も変化してきており、中長期的な視点にたって今後の知的財産制度の在り方について提言できる人材が今まさに求められております。
 このようなことを背景として、知的財産研究所では、知的財産関連業務の実務経験をベースとし、知的財産制度の在り方について大所高所から提言できる人材の育成を目指して、平成17年にIIP知財塾を開講いたしました。IIP知財塾のこれまで活動においては、成果報告書が政策形成過程で引用され、また塾生OBの中から政府の審議会委員等を輩出するなど、所期の成果を上げてきております。 

IIP知財塾の概要
研修会の様子

塾生のメリット  

①弁護士、弁理士、企業の知財実務家、行政官、裁判官等が、それぞれの実務経験に基づいて議論を戦わせますので、互学互習によって、実務的な視点、法律的な視点、企業経営的な視点、行政的な視点を学ぶことができます(最終的には、各塾生が自らのバックグラウンドを離れて、知的財産制度の在り方について大所高所から提言できることを目指します)。
②知的財産制度を取り巻く諸問題について、論点整理、論理構成、プレゼンテーション資料の作成、プレゼンテーションの実践等のトレーニングを積むことができます。
③知的財産分野の第一線で活躍している講師陣や塾生、塾生OBと人的ネットワークを構築することができます。
 

 


Top