知財研セミナー

「知的財産の価値評価」のご案内

 財団法人知的財産研究所では、今般、特許権やノウハウ等の知的財産の価値評価をテーマとしてセミナーを開催することになりましたので、ご案内いたします。周知のように、情報化時代を迎え、社会の競争力の源泉としての知的財産の資産価値を適切に評価することの重要性が高まる中、知的財産は、資金調達・投資の対象としても注目を集めております。そこで、今回のセミナーでは、監査法人トーマツの長谷部智一郎氏に知的財産の価値評価の最新状況ついてご紹介いただくとともに、知財開発投資株式会社の山口泰久取締役に知財開発ファンドについてご紹介いただきます。皆様、奮ってご参加下さい。

――――――――――――― 開  催  内  容 ―――――――――――――

日 時 平成20年4月16日(水)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 (財)知的財産研究所 会議室 
東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階
         東京メトロ有楽町線 麹町駅(3番出口)より徒歩1分
         東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅(3番出口)より徒歩5分
         JR中央線 四ッ谷駅より徒歩8分
         JR中央線 市ヶ谷駅より徒歩10分
参加費 賛助会員:2,000円   一般:8,000円
※(財)知的財産研究所の賛助会員制度
定 員 60名(先着順)
プログラム
14:00 開会(13:30受付開始)
14:00-15:00 「企業経営にとって必要な知的財産マネジメント」
長谷部智一郎氏
(監査法人トーマツ 知的財産グループマネージャー 公認会計士)
15:00-15:10 質疑応答
15:10-15:20 休憩
15:20-16:20 「知財開発ファンドにおける知財評価と知財投資について」
山口泰久氏
(知財開発投資株式会社 取締役 ジェネラルパートナー)
16:20-16:30 質疑応答
16:30 閉会
申込方法
受付終了いたしました。
申込締切 定員に達しましたので受付終了いたしました。
お支払いについて
1)振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたしますので、速やかにご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払い戻しはいたしません。
2)当日現金でのお支払い
 当日受付にて現金でのお支払いも受付しております。
お手数ですが、つり銭の無いようにお願いいたします。
その場で領収書を発行いたします。(請求書の発行は基本的にしておりません。)

※請求書、お支払いについて質問がございましたら下記までご連絡下さい。
(財)知的財産研究所 瘤R(すぎやま)
Tel:03-5275-5285
問合せ先 (財)知的財産研究所 稲林(いなばやし)、青木(あおき)
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階
Tel:03-5275-5281;   Fax:03-5275-5324;

『企業経営にとって必要な知的財産マネジメント』
監査法人トーマツ 知的財産グループマネージャー 公認会計士  長谷部智一郎氏
【概要】
 持続的発展を実現するために、いかに各企業が知的財産を戦略に活用して、企業価値向上に資する経営をするか(知的財産マネジメント)が急務となってきています。
 そのためには内部で独自で研究開発をするのみならずM&Aによる技術開発力の強化が勝ち残るための絶対的な必要条件になります。M&Aにおける知的財産の価値評価やデューデリジェンスについて、解説します。
 また、企業再編が活発化する中、収益の源泉である知的財産は無形であるがゆえ、複数の企業で同時に使用され、その対価関係を整理する必要があり、管理が複雑となっています。企業グループ全体で最適となる知的財産マネジメント体制構築について、解説します。
【略歴】
 中央大学大学院ファイナンス修士。監査法人トーマツ入所後、日本基準・米国基準による会計監査業務や株式公開支援業務を経て、2002年に知的財産グループを創設。知的財産の価値評価や証券化支援等の知的財産マネジメントに関する業務に従事。日本公認会計士協会「知的財産専門部会」委員。早稲田大学知的資本研究会(WICRS)委員。
◆プログラムへ戻る
『知財開発ファンドにおける知財評価と知財投資について』
知財開発投資株式会社 取締役 ジェネラルパートナー  山口泰久氏
【概要】
 わが国初の本格的な知財ファンドにおける、知財評価の手法と知財投資の実際について、可能な限り具体的にご紹介したいと思います。
【学歴】
 1981年 山口県立宇部高校卒業
 1986年 九州大学経済学部経済工学科(企業経営論)卒業
 1995年 英国ケンブリッジ大学大学院(土地経済学部)卒業(哲学修士=M.Phil)
【職歴】
 1986年 日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行(国際業務部、福岡支店、設備投資研究所)
 1994年 英国ケンブリッジ大学大学院派遣留学(→ 95 年卒業)
 1995年 日本政策投資銀行(地域企画部、鹿児島事務所、南九州支店)
 2001年 鞄本インテリジェントトラスト研究企画部長
 2003年 日本政策投資銀行地域政策研究センター参事役
 2004年 日本政策投資銀行大分事務所所長
 2006年 日本政策投資銀行新産業創造部参事役
 2006年 知財開発投資株式会社取締役ジェネラルパートナー(5/31 就任)
◆プログラムへ戻る
                                                     このページのトップへ
以上