知財研セミナー

「最近の審決取消訴訟の判決動向について 
−特許庁敗訴事例の分析を中心に−」

 財団法人知的財産研究所では、知的財産高等裁判所調査官、特許庁審判部首席審判長等を歴任され、現在は、弁理士としてご活躍中の梅田幸秀様をお招きし、「最近の審決取消訴訟の判決動向について」をテーマとしてセミナーを開催することになりましたので、御案内いたします。
 特許・実用新案、意匠、商標に関する最近の審決取消訴訟の判決の動向を、特許庁敗訴事例の分析を中心に解説いただき、特許庁審判部と裁判所の判断手法の違いや特許庁敗訴の原因についての分析などについて、ご講演いただきます。皆様、奮ってご参加下さい。

――――――――――――― 開  催  内  容 ―――――――――――――

日 時 平成20年12月8日(月)15:00〜16:30(14:30受付開始)
*ご講演終了後に質疑応答の時間を設ける予定です。
会 場 (財)知的財産研究所 会議室
東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階
         東京メトロ有楽町線 麹町駅(3番出口)より徒歩1分
         東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅(5番出口)より徒歩5分
         JR中央線 四ッ谷駅より徒歩8分
         JR中央線 市ヶ谷駅より徒歩10分
講演者 梅田 幸秀 氏  (講演内容・講演者略歴へ)
谷・阿部特許事務所 弁理士
定 員 60名(先着順)
参加費 賛助会員:2,000円   一般:8,000円
※(財)知的財産研究所の賛助会員制度
お支払方法

1)振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたしますので、速やかにご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払い戻しはいたしません。
2)当日現金でのお支払い
 当日受付にて現金でのお支払いも受付しております。
お手数ですが、つり銭の無いようにお願いいたします。
その場で領収書を発行いたします。お申し込み時に、領収書の宛先をお知らせ下さい。
(請求書の発行は基本的にしておりません。)

申込
受付終了いたしました。
申込締切 平成20年12月1日(月)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
問合せ先 ※セミナー内容等についてのお問い合わせ
(財)知的財産研究所 中村(なかむら)、佐々木(ささき)
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-4 トラスティ麹町ビル3階

※請求書、お支払いについてのお問い合わせ
(財)知的財産研究所 瘤R(すぎやま)

最近の審決取消訴訟の判決動向について −特許庁敗訴事例の分析を中心に−
梅田 幸秀 氏
【概要】
 近年、産業界から進歩性や記載要件等についての特許庁や裁判所の判断は厳格すぎるのではないか、といった批判がなされたこと等を受けて、審決取消訴訟の判決動向が注目を集めている。また、このところ、進歩性や記載要件に限らず、特許庁の審査・審判実務に影響を与える審決取消訴訟判決が数多く出されている。このような状況を踏まえ、本セミナーにおいては、特許・実用新案、意匠、商標に関する最近の審決取消訴訟の判決の動向を概観するとともに、特許庁が敗訴した事例を取り上げ、特許庁審判部と裁判所の判断手法の違いや特許庁敗訴の原因についての分析を試みる。
【略歴】
   1973年3月 京都府立大学 農学部 卒業
同年  4月 特許庁入庁 主として、機械分野における審査・審判の業務に従事
2002年4月 特許庁審判部第15部門部門長
2003年4月 東京高等裁判所(現知的財産高等裁判所)調査官
2006年7月 特許庁審判部首席審判長
2008年7月 谷・阿部特許事務所入所、弁理士登録
このページの先頭へ戻る