開催済み 研究成果報告会・セミナー

平成22年10月22日(金)
知財研セミナー
「国際ビジネス勝利の方程式 - 標準と知財が日本を救う」のご案内

近年、国際的な技術標準の策定・普及に向けた活動の重要性が注目され、その中で、知的財産権の取扱いを巡る問題も顕在化してきております。日本企業が国際市場へ進出する事業戦略として、標準と知財にどのように取り組み、活用すべきかが重要な課題となっています。知的財産研究所では、(財)日本規格協会の原田節雄氏をお招きし、このような課題と対処方法について中国等の標準化にも注目し、ご紹介いただくセミナーを開催いたします。皆様、奮ってご参加下さい。

※日本弁理士会会員の皆様へ

本セミナーは、日本弁理士会の継続研修として申請中で、この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2単位が認められる予定です。受講証明書をご希望の方は、受講証明書「要」のご希望と、弁理士番号をご記入ください。

日 時 平成22年10月22日(金)15:00~17:00(14:30受付開始)
会 場 (財)知的財産研究所 会議室
東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階
          東京メトロ東西線 竹橋駅(3b出口)より徒歩3分
          東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線 神保町駅(A9出口)より徒歩3分
講演者
略歴
原田 節雄氏
財団法人 日本規格協会
定 員 60名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 賛助会員:2,000円   一般:8,000円
※(財)知的財産研究所の賛助会員制度
お支払方法 1)振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたしますので、速やかにご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払戻しはいたしません。
2)当日現金でのお支払
 当日受付にて現金でのお支払も受付しております。
お手数ですが、つり銭の無いようにお願いいたします。
その場で領収書を発行いたします。お申込時に、領収書の宛先をお知らせください。
(請求書の発行は基本的にいたしません。)
申込方法

受付終了いたしました。

申込締切 平成22年10月20日(水) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
問い合わせ先

(財)知的財産研究所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階

※請求書、お支払、参加証についてのお問い合わせ   杦山(すぎやま)
  Tel:03-5281-5673; Fax:03-5281-5676;
※セミナー内容等についてのお問い合わせ   今井(いまい)
  Tel:03-5281-5672; Fax:03-5281-5676;

▲このページの先頭へ 

「国際ビジネス勝利の方程式 - 標準と知財が日本を救う」
財団法人 日本規格協会 原田節雄氏

 【概要】 

国際ビジネスが大きく変化している。官民一体の護送船団の一員として、その個性を喪失してきた多数の日本企業。官公庁需要対応という歴史的なしがらみに縛られてきた多数の日本企業。そんな日本企業でも、中国やインドの巨大潜在市場を見すえて、リスク・テイカーとして孤高の道を歩むことができるのだろうか。日本には戦後の貧困時代から独立独歩で海外進出を目指し、軽薄短小のビジネスを得意としてきたソニーやホンダの存在がある。その一方で、官公庁需要という税金を使う内需に依存し、重厚長大のビジネスを得意としてきた国内財閥系大企業の存在もある。技術立国日本の民間企業が国際ビジネスで勝つために、その事業戦略に組み込むべき標準と知財という「ビジネス・ツールの活用方法」と、日本企業に必要な「国際ビジネス勝利の方程式」を説明する。

 【略歴】  原田 節雄氏

ソニー株式会社に勤務し、1970年代に欧州(ベルギー・ドイツ)に駐在。帰国後、人事本部、商品戦略本部、法務・渉外グループなどで勤務。コーポレート・テクノロジー部門技術渉外室統括室長、スタンダード&テクノロジー・アライアンス戦略グループダイレクターなどの職務を経て(財)日本規格協会へ出向。その間にジュネーブに立地する国際電気標準会議(IEC)標準管理評議会(SMB)日本代表委員、情報処理学会情報規格調査会規格理事などを務める。国際標準化機関ISO/IEC規格審議の場で欧米の手により否決された、デンソーのQRコード(実装用二次元バーコード)、ソニーのFeliCa/NFC(JR東日本のスイカ)、東京電力のUHV(中国の超高圧送電網)の規格の国際標準化再挑戦を各企業から依頼され、そのすべてを成功させた実績を持つ。2008年、国際標準化活動への功績により内閣総理大臣表彰を受ける。2009年、情報処理学会情報規格調査会より標準化功績賞を受賞。2010年、著書「世界市場を制覇する国際標準化戦略」で第18回大川出版賞を受賞。工業英検一級の資格を持ち、世界の二十八カ国で標準化関連国際会議に出席。ジャーナリストとしても活躍中。

▲このページの先頭へ