開催済み 研究成果報告会・セミナー

平成24年3月28日(水)
知財研セミナー
「アジアにおける知財の活用とリスク ~中小企業支援の経験から~」のご案内

近年、多くの企業が海外進出し、特にアジア諸国において日本で生み出された知的財産権をもって様々なビジネスを展開する企業が増えています。 一般財団法人知的財産研究所では(独)工業所有権情報・研修館(INPIT)の海外知的財産プロデューサーの茂木裕之氏をお招きし、海外進出企業等への知財に関する支援を行うことで得られた経験からアジアにおける知財の活用とリスクについて御講演を頂くことになりましたので、御案内いたします。皆様、奮ってご参加ください。

日 時 平成24年3月28日(水)14:00~16:00(13:30受付開始)
会 場 一般財団法人知的財産研究所 会議室 
東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル 5階
          東京メトロ東西線 竹橋駅(3b出口)より徒歩4分
          東京メトロ半蔵門線、都営新宿線神保町駅より徒歩8-10分
          都営三田線 神保町駅(A9出口)より徒歩3分
講演者
概要・略歴
茂木 裕之氏
独立行政法人工業所有権情報・研修館 海外知財プロデューサー
定 員 60名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 無料
申込方法 受付終了いたしました。
申込締切り 平成24年3月27日(火) ※定員になりました。ありがとうございました。
問合せ先

(一財)知的財産研究所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階

※セミナー内容等についてのお問い合わせ   島倉(しまくら)、清水(しみず)
  Tel:03-5281-5672; Fax:03-5281-5676;

▲このページの先頭へ 

アジアにおける知財の活用とリスク ~中小企業支援の経験から~
独立行政法人工業所有権情報・研修館 海外知財プロデューサー 茂木 裕之氏
 【概要】 

昨今の日本を取り巻く経済環境の中、我が国企業による海外市場(特にアジア諸国)への積極的な進出は必然の結果である。

しかしながら、進出にあたっては、貿易環境や投資環境、物流、商流に注意をはらいながらも知的財産への関心は決して高いとは言えない企業の認識が存在する。また海外進出の経験が少ない企業は、海外知的財産についてノウハウの蓄積がなく、進出国における知的財産活用に関する情報の取得も難しい状況にある。

本セミナーでは、こうした海外進出経験がない、これから海外、特にアジア(例えば中国・ASEAN)へ進出を希望している、および既に実施、展開している中小企業等に対して、知財管理と活用、知財面での問題と対応、知財リスクへの備え、等について支援を行うことで得られた経験から説明する。


  【略歴】  茂木 裕之(もぎ ひろゆき)氏

独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT) 海外知的財産プロデューサー

国内機械製造業で29年勤務。研究開発部門や知的財産権部門のほか事業企画部門にて勤務し、出願、ライセンス交渉、ライセンス契約、模倣品対策等の実務に従事。知財の生成から活用、事業寄与までの一貫した知見を有する。この間、タイ国・バンコクにて約2年間駐在し、アジア・大洋州地域の事業統括として知財部署の設立や関係会社の知財支援、同地域の全域における係争交渉や侵害訴訟実務に当たった。

▲このページの先頭へ