開催済み 研究成果報告会・セミナー

平成24年6月14日(木)
国際セミナー
「米国特許法の現状と課題について
~昨年9月に成立した改正特許法:AIA(America Invents Act)を中心として~」のご案内

一般財団法人知的財産研究所では、海外の知財情勢に精通している方をお招きし、海外での知的財産に係る制度運用の動向や注目判決等を皆様にご紹介する活動を行っております。このたび、イリノイ大学法学部の知的財産および技術法プログラムのディレクターであり、 IIP研究論集「岐路に立つ特許制度」の著者の一人であるケサン教授に、昨年9月に成立した改正特許法:AIA(America Invents Act)を中心に、米国特許法の現状と課題についてご講演を頂くことになりましたので、ご案内いたします。皆様、奮ってご参加下さい。

日 時 平成24年6月14日(木)14:00~17:00(13:30受付開始)
会 場 一般財団法人知的財産研究所 会議室 
東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル 5階
          東京メトロ東西線 竹橋駅(3b出口)より徒歩4分
          東京メトロ半蔵門線、都営新宿線神保町駅より徒歩8-10分
          都営三田線 神保町駅(A9出口)より徒歩3分
講演者
略歴
13:30 受付開始
14:00 開会・主催者挨拶
14:05~16:30 【講演タイトル】
"The current status and challenges in U.S. patent law--the AIA and more”
『米国特許法の現状と課題について
~昨年9月に成立した改正特許法:AIA(America Invents Act)を中心として~』

【講演者】
Jay P. Kesan(ジェイ・P・ケサン)氏
Professor & Director, Program in Intellectual Property & Technology Law, University of illinois
(イリノイ大学知的財産・技術法プログラム 教授)
(※講演は英語で行い、日本語の逐次通訳が付く予定です。)
16:30~17:00 質疑応答
17:00 閉会
定 員 60名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 賛助会員・学生会員:2,000円   一般:4,000円
※(一財)知的財産研究所の賛助会員制度
お支払方法 振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたしますので、速やかにご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払戻しはいたしません。
申込方法

受付終了いたしました。

申込締切り 平成24年6月12日(火)
問合せ先

(一財)知的財産研究所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階

※セミナー内容等についてのお問い合わせ   島倉(しまくら)
  Tel:03-5281-5672; Fax:03-5281-5676;

▲このページの先頭へ 

Jay P. Kesan(ジェイ・P・ケサン)氏
【略歴】  Jay P. Kesan(ジェイ・P・ケサン)氏

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 教授を務める傍らで法学部の知的財産・技術法プログラムの責任者も兼任している。特許法及び技術法を中心とする知的財産法が主な研究分野である。
 法学以外の経歴としては、電子・コンピュータ工学の博士号も持っており、以前ニューヨークにあるIBMのT・J・ワトソン研究センターに研究者として勤務していた。特許弁護士の資格も有しており、ペニー&エドモンズ法律事務所で特許訴訟と特許出願を担当していた経験もある。
 また日本との関係では、2000年12月及び2001年1月には日本学術会招へい研究者早稲田大学客員教授として日本に招かれた経験もある。
 当研究所には、2003年に平成15年度招へい研究員として在籍。研究テーマ:「日本における特許無効手続きの比較法的評価」

イリノイ大学HP http://www.law.illinois.edu/faculty/profile/JayKesan

▲このページの先頭へ