IIP HOME > IIPの活動について> セミナー・研修会> 開催済み 研究成果報告会・セミナー

開催済み 研究成果報告会・セミナー

平成25年5月24日(金)
国際セミナー
「欧州統一特許訴訟の発足に伴う欧州特許制度の変容」のご案内

一般財団法人知的財産研究所では、海外の知財情勢に精通している方をお招きし、海外での知的財産に係る制度改正等を皆様にご紹介する活動を行っております。このたび、ドイツ/ミュンヘンの特許法律事務所マイスナーボルテ特許法律事務所の欧州特許弁理士・ドイツ弁理士オイゲン・ポップ氏、弁護士・産業財産権法専門弁護士トビアス・ヴットゥケ氏及び欧州特許弁理士アンドリュー・パーカー氏に、欧州統一特許訴訟の発足に伴う欧州特許制度の変容について御講演を頂くことになりましたので、ご案内いたします。
皆様、奮って御参加下さい。

日 時 平成25年5月24日(金)14:00~17:00(13:30受付開始)
会 場 一般財団法人知的財産研究所 会議室 (地図
東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル 5階
          東京メトロ東西線 竹橋駅(3b出口)より徒歩4分
          東京メトロ半蔵門線、都営新宿線神保町駅より徒歩8-10分
          都営三田線 神保町駅(A9出口)より徒歩3分
プログラム
講演者
13:30 受付開始
14:00 開会・主催者挨拶
14:05~16:30 【講演タイトル】-講演概要
"The new European Unitary Patent system from the aspect of patent litigation based on the European Unified Patent Court”
『欧州統一特許訴訟の発足に伴う欧州特許制度の変容』

【講演者】
マイスナーボルテ特許法律事務所 /ドイツ・ミュンヘン
- Eugen Popp(オイゲン・ポップ)氏-略歴
 欧州特許弁理士・ドイツ弁理士
-Tobias Wuttke(トビアス・ヴットゥケ)氏-略歴
 弁護士・産業財産権法専門弁護士
-Andrew Parker(アンドリュー・パーカー)氏-略歴
 欧州特許弁理士
(※講演は英語で行い、日本語の逐次通訳が付く予定です。)
16:30~17:00 質疑応答
17:00 閉会
定 員 60名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 賛助会員・学生会員:2,000円   一般:4,000円
※(一財)知的財産研究所の賛助会員制度
お支払方法 振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたしますので、速やかにご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払戻しはいたしません。
申込方法

受付終了いたしました。

申込締切り 平成25年5月22日(水)
問合せ先

(一財)知的財産研究所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階

※セミナー内容等についてのお問い合わせ   高橋英樹(たかはしひでき)
  Tel:03-5281-5672; Fax:03-5281-5676;

▲このページの先頭へ 

"The new European Unitary Patent system from the aspect of patent litigation based on the European Unified Patent Court”
『欧州統一特許訴訟の発足に伴う欧州特許制度の変容』
【Abstruct】

 Prior to 1973 it was only possible to obtain patent protection in Europe by means of the individual national patent systems and offices of each country. After the Munich Diplomatic conference, the European Patent Convention was agreed upon and the European Patent Office (EPO) opened. Crucially, the EPO is responsible for the prosecution and grant of European Patents only, wherein after grant the European Patent essentially splits into a series, or bundle, of national patents, which must be individually maintained in each member state for which protection is required. It is important to realise that currently the European Patent does not exist, as such, and is not in and of itself a protective right which can be enforced or exercised in a central manner. It is necessary to use each of the national parts of the granted patent in post-grant court actions – and, in particular, enforcement of the patentee’s rights proceeds on the basis of the individual national parts of the granted patent, and in front of the national courts in each of the countries in which the European Patent was validated. If the patentee fails to validate the patent in each of the member states, the patentee can only exercise this right in those countries in which validation was performed. In November of 2012, the European Council agreed upon a new Unitary Patent regulation, wherein applicants using the EPO can choose, instead of the traditional bundle of national patent rights, to obtain a new “Unitary Patent” which will be a single patent right which may be enforced across 25 of the 27 countries of Europe (Spain and Italy are not yet parties of the agreement). In addition, a new Unified Patent Court will be created which will have responsibility for all post grant actions relating to the Unitary Patent and, very importantly, to traditional European bundle patents. This talk will review the current options for patent protection in Europe, and will also introduce the new Unitary Patent and what this means for patentees. Discussion will continue to include specifics of the Unified Patent Court – especially the differences between the central divisions and the regional and national divisions. The jurisdiction of this court, the specialisation of the judges and the possible locations of the courts at which actions can be brought will be introduced and explained. Finally, a number of expected court actions will be presented, with particular emphasis on time limits and the expected time pressure which this new court will introduce.

【概要】(講演者側による和訳)  

1973年以前には、欧州で特許による保護を得るのは、個別の国の特許制度及び個々の国の特許庁を通じてのみ可能であった。ミュンヘン外交官会議の後、欧州特許条約は、欧州特許庁(EPO)の開設につき合意をした。しかし、欧州特許庁は、欧州特許の出願とその付与についてのみ責任を負うものとし、特許付与された後は、個別の国ごとの一連の特許に分かれて行くことになり、それは保護が求められる各々の加盟国において個別に維持されなければならないことになっている。 欧州特許というものは、現状では、中央管理されて、執行ないし行使され得ることで守られるべき権利というものとしては存在していないのだということを認識することは重要である。特許付与後の裁判手続きにおいて、付与された特許の各々の国における部分を使用する必要がある。とりわけ、特許権利者の権利執行は、付与された特許の個々の国の部分をベースにおいて、欧州特許が有効とされた各々の国々の裁判所において進むことになる。特許権者がそれぞれの国においてその特許権を有効化することに失敗した場合、その特許権者は、この権利をその特許権を有効化できた国々の中でおいてのみこの権利を執行できる。 2012年11月、欧州議会は、新しい単一特許規制について合意した。そこでは、欧州特許庁を使っている出願者は、従来通りの国ごとの特許権に代えて、新しい「単一特許」を選ぶことができることになる。「単一特許」においては、一つの特許権は、欧州の27カ国のうち25カ国において執行可能になる(スペインとイタリアは未だ合意に加入していない)。さらに加えて、新しい統一特許裁判所が創設され、単一特許に関連する特許付与後のあらゆる手続について、そして非常に重要なことに、従前の欧州特許に関しても、責任を負うことになった。 本講演においては、欧州における特許保護の現在の選択肢についてレビューする。そして、新しい単一特許、及びこれが特許権者にとっていかなる意味をもつかについても紹介する。 統一特許訴訟の特徴についても議論は及んでくる。とりわけ、中央の裁判所と地方の裁判所、および個別の国における裁判所の間の相違についてである。この訴訟の管轄権、裁判官の専門化、それに訴訟を持ち込むことができる裁判所の場所について紹介し、説明する。最後に、新しい裁判所が導入する、時限つき且つ予期された時間のプレッシャーに重点を置いた、想定される数多の訴訟を説明する。

▲このページの先頭へ 

オイゲン・ポップ氏/ 欧州特許弁理士・ドイツ弁理士
マイスナーボルテ特許法律事務所 /ドイツ・ミュンヘン
【Biography】

 Dr. Eugen Popp studied mechanics, industrial management and law at the Technical University of Munich and Ludwig-Maximilians-University of Munich. He achieved the Master of Laws degree from the Open University of Hagen, Germany. He is a Member of the Board of the German Patent Attorneys Bar Association (6 years Vice President and another 6 years President till 2009). Member of Chartered Institute of British Patent Attorneys UK (CIPA); Bavarian Association of Patent Attorneys; ECTA; FICPI; AIPPI; LES; EPI; GRUR (Member of the Board); VPP; Federal Patent Attorneys Association. In his capacity as Secretary General and President of CNIPA (= Committee of National Institutes of Patent Attorneys) Dr. Eugen Popp promoted the cooperation of national Patent Attorneys’ Associations within Europe considerably. He entered his corresponding experience quite recently as a member of the so-called steering committee into the “GLOBAL Network of National IP Practitioner Associations” which was founded about 3 years ago on an initiative of AIPLA the statutes of which were drafted by Dr. Eugen Popp and finally adopted in Seoul on Oct. 18, 2012). From a professional point of view, Dr. Eugen Popp’s strengths are patent prosecution and litigation. In this respect he has been 6 consecutive years ranked as one of the Top 10 in Germany.

【略歴】(講演者側による和訳)   

機械工学、産業経営学、及び特許法ミュンヘン工科大学及びルードヴィヒ・マキシミリアン大学(ミュンヘン大学)で研究。ハーゲンのオープン大学から修士号取得。ドイツ弁理士会の理事を務める(6年間副会長、さらに6年間2009年まで会長職)。英国弁理士会の会員。GRUR(ドイツ知的財産保護協会)の役員。VPP(知的財産法専門家協会)、英国弁理士会、バイエルン州弁理士会、ECTA; FICPI(国際工業所有権代理人連盟)、 AIPPI(国際知的財産保護協会)、 EPI(欧州特許庁に対する職業代理人協会)等に所属。CNIPA (= Committee of National Institutes of Patent Attorneys、国立弁理士協会)の委員であり、書記長、議長を務め、各国の弁理士会の相互協力を推進。 専門技術分野は、機械、自動車工学およびエンジン設計、航空エンジン、物理学、熱力学、冶金、水力学、空気力学。特許出願の領域においてドイツ国内トップ10に連続して6年間に亘りランキングされている。近時、AIPLA (アメリカ知的財産法協会)のイニシアチブで3年前に設立されたばかりの「各国知財実務家協会のグローバルなネットワーク」の運営委員会に参画。

▲このページの先頭へ 

トビアス・ヴットゥケ氏/ 弁護士・産業財産権法専門弁護士
マイスナーボルテ特許法律事務所 /ドイツ・ミュンヘン
【Biography】

 Dr. Tobias Wuttke obtained his degree in Law from the Albert-Ludwigs-University Freiburg in Breisgau. For several years, Dr. Wuttke was the personal assistant to the Presiding Judge of the German Federal Supreme Court, Prof. Dr. Bornkamm (Intellectual Property Division). He is representing blue chips as well as SME in domestic as well as cross-border litigation in all areas of Intellectual Property Law, with a particular focus on infringement proceedings related to Patents and Utility Models. Last not least, Dr. Wuttke is a frequent speaker at IP conferences organized by the VPP, VDI as well as PATINFO.

【略歴】 (講演者側による和訳)  

フライブルク大学(正式名称:アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク ブライスガウ)及びセビリア大学において法学を専攻、フライブルク大学において法学士取得。ハンブルク高等裁判所実習生(ドイツ連邦最高裁判所裁判長Dr.Bornkamm教授(知的財産部)の助手 ロークラーク)を経て、所定の知財訴訟等を経験した弁護士にのみ許される産業財産権専門弁護士の称号を取得。ロンドン大学の外部学生。 ドイツ研究振興協会(DFG)博士号奨学生、博士論文「競争法のヨーロッパ化」により博士号取得。知的財産法のみならず競争法の分野でも活躍。

▲このページの先頭へ 

アンドリュー・パーカー氏/ 欧州特許弁理士
マイスナーボルテ特許法律事務所 /ドイツ・ミュンヘン
【Biography】

 Andrew Parker studied Experimental Physics at the University of York,UK, and graduated with a Masters degree after some specialisation in Solid State Physics. Following his undergraduate studies, Andrew joined the School of Electronic and Electrical Engineering at the University of Birmingham and undertook a Doctorate in Nanoscale Electronics – investigating single electron transistors. The research was a joint project which was also supported by the Nanoscale Physics Research Laboratory in the School of Physics.

【略歴】 (講演者側による和訳)  

UKのヨーク大学において実験物理学を研究。固体物理学専攻で修士号取得。 バーミンガム大学の電気電子工学研究科においてナノスケール電子工学専攻により博士号を取得(物理学研究科のナノスケール物理学研究所によってサポートされた共同研究)。博士課程終了後3年半に亘りナノスケール電子工学分野で研究を継続し、その間、ミクロ電子工学分野で応用物理学の専門誌「マイクロエレクトロニックエンジニアリング」「アプライドフィジックスレターズ」に寄稿。同時期、電気電子工学研究科の学部学生に対して原子論、固体物理、及び半導体につき講義を担当。

▲このページの先頭へ