IIP HOME > IIPの活動について> セミナー・研修会> 開催済み 研究成果報告会・セミナー

開催済み 研究成果報告会・セミナー

平成25年10月25日(金)
国際セミナー
「すべてお金に関すること- 欧州中央銀行事件 (ヨーロッパの複数の国々で同時に提起された特許訴訟において、銀行券に関する特許が無効となった判例) 」のご案内

一般財団法人知的財産研究所では、海外の知財情勢に精通している方をお招きし、海外での知的財産に係る制度運用の動向や注目判決等を皆様にご紹介する活動を行っております。このたび、Prinz&Partner弁理士事務所のヨッヘン・シュティース氏とクリスティアン・ヴェンデ博士に、欧州の最新知的財産情勢についてご講演を頂くことになりましたので、ご案内いたします。皆様、奮ってご参加下さい。

※日本弁理士会会員の皆様へ

本セミナーは、日本弁理士会の継続研修として申請中で、この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として3単位が認められる予定です。受講証明書をご希望の方は、受講証明書「要」のご希望と、弁理士番号を御記入ください。

日 時 平成25年10月25日(金)14:00~17:00(13:30受付開始)
会 場 一般財団法人知的財産研究所 会議室 (地図
東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル 5階
          東京メトロ東西線 竹橋駅(3b出口)より徒歩4分
          東京メトロ半蔵門線、都営新宿線神保町駅より徒歩8-10分
          都営三田線 神保町駅(A9出口)より徒歩3分
プログラム
13:30 受付開始
14:00~17:00 【講演タイトル】-講演概要
"It's all about money - the ECB-cases When bank notes are an accused product in a Patent Litigation Case in several Countries in Europe at the same time ”
『すべてお金に関すること- 欧州中央銀行事件 (ヨーロッパの複数の国々で同時に提起された特許訴訟において、銀行券に関する特許が無効となった判例) 』
【講演者】
Prinz&Partner弁理士事務所 /ドイツ
-Mr. Jochen Sties(ヨッヘン・シュティース氏)-略歴
-Dr. Christian Wende(クリスティアン・ヴェンデ博士)-略歴
 
(※講演は英語で行い、日本語の逐次通訳が付く予定です。)
17:00 閉会
定 員 60名(先着順) ※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費 賛助会員・学生会員:2,000円   一般:4,000円
※(一財)知的財産研究所の賛助会員制度
お支払方法 振込 
 申込受付後「請求書」を郵送いたしますので、速やかにご入金下さい。銀行の振込金受取書をもって「領収書」に代えさせていただきます。
 なお、参加費入金後の払戻しはいたしません。
申込方法

受付終了いたしました。

申込締切り 平成25年10月23日(水)
問合せ先

(一財)知的財産研究所
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階

※セミナー内容等についてのお問い合わせ   高橋(英)(たかはし(ひでき))
  Tel:03-5281-5672; Fax:03-5281-5676;

▲このページの先頭へ 

"It's all about money - the ECB-cases When bank notes are an accused product in a Patent Litigation Case in several Countries in Europe at the same time ”
『すべてお金に関すること- 欧州中央銀行事件 (ヨーロッパの複数の国々で同時に提起された特許訴訟において、銀行券に関する特許が無効となった判例) 』

【Abstruct】

In 2006, the European Central Bank has been accused to infringe European Patent 0 455 750. Nullity Actions have been started more or less at the same time in the following countries:

  • -Austria
  • -Belgium
  • -France
  • -Germany
  • -Italy
  • -Luxembourg
  • -Netherlands
  • -Spain
  • -Great Britain

The last Nullity Action ended after 7 years with a complete revocation in all countries in which European Patent 0 455 750 has been validated.

The reason for invalidation in all countries was an inadmissible amendment of European Patent 0 455 750 during prosecution before grant of the European Patent.

This case is the first case where based on one European Patent in nine European Countries Nullity Actions were done at the same time.

The different nullity proceedings in Europe can be easily understood by example of this case.

Some background information about the legal system for infringement and nullity actions will be presented, especially in the most important countries Germany, Great Britain and France.

Further, a complete historical overview about this case will be given. The differences, chances, risks, advantages and drawbacks of the current European system will be explained and discussed, also in the light of the upcoming new Unitary Patent System in Europe.

Moreover, the new case law regarding admissibility of amendments of a patent application during prosecution will be presented. As can be seen by example of this case, amendments of a patent application are handled quite strictly before the European Patent Office and may result in a complete revocation of a European Patent in all validated countries.

【概要】

2006年に、欧州中央銀行は欧州特許0 455 750を侵害したと告訴された。無効の訴えがほぼ同時に次の国々でなされた:

  • -オーストリア
  • -ベルギー
  • -フランス
  • -ドイツ
  • -イタリア
  • -ルクセンブルク
  • -オランダ
  • -スペイン
  • -イギリス

最後の無効の訴えは7年後に終了した。これにより、欧州特許0 455 750が有効だったすべての国々において、完全に取消となった。

すべての国々において、無効にされた理由は、欧州特許0 455 750において特許付与前の審査過程で行われた許容範囲を超える補正にあった。

この判例は、1つの欧州特許に基づく無効の訴えが、欧州9か国において同時に提起された最初の事例である。

今回の事例によって、欧州各国における異なる無効訴訟手続を容易に理解することができる。

侵害と無効の訴えに対する法律制度についてのいくつかの背景情報、特に、最も重要な国々、ドイツ、イギリス、フランスについての情報を紹介する。

さらに、この判例に関する歴史的な概要を述べる。現在の欧州制度の相違、チャンス、リスク、利点、そして欠点を説明し、また、欧州における新しい単一特許制度にも照らしながら論議する。

さらに、特許出願における審査過程での補正の許容性に関する新しい判例法を紹介する。この事例が示すように、特許出願の補正は、欧州特許庁ではかなり厳しく取り扱われる。その結果、欧州特許が有効なすべての国々において、特許が取消になることも示唆される。

 

▲このページの先頭へ 

Mr.Jochen Sties(ヨッヘン・シュティース氏)
【Biography】

Jochen Sties studied mechanical engineering, specializing in aerospace technology at the Technical University of Munich and received a Diploma of Engineering in 1994. He did an Internship at MTU North America, Houston/Texas. Jochen Sties joined Prinz & Partner in 1991. He passed the German patent bar examination in 1997 and is European Patent and Trademark Attorney since 1998. He earned a Master of Law in European Intellectual Property. His Masters thesis is on the protection of intellectual property as a fundamental right under the German constitution, the EU Community law and the European Human Rights Convention. He is guest lecturer on the Executive MBA Study Program in Innovation and Business Creation at the Technical University of Munich and attendee of WIPO workshop on Mediation in Intellectual Property Disputes. Also, he is member of GRUR (German Association for the Protection of Intellectual Property).

Jochen Sties is active for clients in the field of preparation of patent and utility model applications in the areas of mechanical and materials engineering. He represents clients during examination, opposition and appeal proceedings before the German Patent and Trademark Office, the German Federal Patent Court and the European Patent Office. Also, he supervises of patent grant proceedings abroad, especially in the USA. He prepares portfolio and licensing strategies and opinions on validity and infringement of intellectual property rights. Also, he does national and international patent litigation, ITC proceedings in the U.S. Invalidity and revocation proceedings before the German Federal Court of Justice. He is specialized in representing clients in hearings before the German Federal Patent Court and the European Patent Office.

【略歴】

ミュンヘン工科大学で機械工学、特に航空工学を専攻。1994年工学修士を取得。テキサス州ヒューストンの北米MTUでインターンシップ。1991年Prinz & Partner(プリンツ&パートナー弁理士事務所)に所属。1997年ドイツ特許司法試験に合格、1998年欧州特許・商標弁理士。欧州知的財産権の分野で法学修士号取得。修士論文は、ドイツ憲法、EU共同体法、欧州人権と基本的自由の保護のための条約のもとにおける基本的権利としての知的財産権の保護について。ミュンヘン工科大学における技術革新とビジネス創造についての社会人を対象とした経営学修士プログラムの客員講師。知的財産紛争の調停についてのWIPO(世界知的所有権機関)ワークショップ参加者。GRUR(ドイツ知的財産保護協会)会員。

機械工学及び材料工学分野の特許出願及び実用新案出願業務、ドイツ特許商標庁、ドイツ連邦特許裁判所、欧州特許庁における審査、異議、上訴の訴訟手続業務、外国、特にアメリカにおける特許認可手続の監督業務、ポートフォリオ、技術供与戦略、知的財産権の有効性や侵害についてのコンサルタント業務、国内外の特許裁判、アメリカのITC(国際貿易委員会)の訴訟手続業務、ドイツ連邦最高裁判所における無効及び取消訴訟手続業務に従事。ドイツ特許裁判所及び欧州特許庁での口頭審理における代理業務を専門。

▲このページの先頭へ 

Dr. Christian Wende(クリスティアン・ヴェンデ博士)
【Biography】

Dr. Christian Wende studied Mechanical Engineering with focus on Medical Engineering and Micro Engineering at TU Munich and earned his Diploma in 2005. Following to that he received PhD degree with magna cum laude in 2007 at TU Munich in the field of Medical Engineering, Development of a Liver Dialysis System. At the same time he was founder and Chief Executive Officer (CEO) of a Medical Engineering Company, 2004-2007. He is German Patent Attorney since 2010 and since 2010 European Trademark Attorney and since 2011 European Patent Attorney. Since 2011 he is also Assistant Professor at the faculty of Mechanical Engineering at TU Munich, lecture "Patent, Trademark and Design Law for Engineers". Dr. Wende is member of GRUR and FICPI (member CET 4, Study and Work Commission for European Patent Law). He joined Prinz & Partner in 2013.

Dr. Wende is active for clients in the field of preparation of patent and utility model applications in the areas of mechanical and materials engineering. He represents clients during examination, opposition and appeal proceedings before the German Patent and Trademark Office, the German Federal Patent Court and the European Patent Office. Also, he supervises of patent grant proceedings abroad and gives advice on employed inventor's law, patent licensing, invalidity and infringement proceedings. Further, he provides clients with freedom to operate searches and opinions. He is specialized in IP-Strategy Development for Start-Ups and Patent Litigation.

【略歴】 

ミュンヘン工科大学で医用工学とマイクロエンジニアリングを中心とした機械工学を研究、2005年修士号取得。2007年ミュンヘン工科大学医用工学における肝臓透析システムの開発で、博士号取得。2004年~2007年、医用工学の会社を設立、最高経営責任者(CEO)。2010年ドイツ特許弁理士、2010年欧州商標弁理士、2011年欧州特許弁理士。2011年ミュンヘン工科大学機械工学科助教授、講義は「エンジニアのための特許、商標、意匠法」。GRUR(ドイツ知的財産保護協会)及びFICPI(国際弁理士連盟)会員(CET 4、欧州特許法の研究・作業委員会メンバー)。2013年Prinz & Partner(プリンツ&パートナー弁理士事務所)所属。

機械工学と材料工学の分野の特許出願及び実用新案出願業務、ドイツ特許商標庁、ドイツ連邦特許裁判所、欧州特許庁における審査、異議、上訴の訴訟手続業務、外国の特許認可手続の監督業務、従業者発明者の法律、特許実施許諾、無効・侵害訴訟手続等のコンサルタント業務。自由実施可能技術(freedom to operate)に関する調査及び助言業務。操業開始の会社のためのIP(知的財産権)戦略の開発及び特許裁判を専門。

▲このページの先頭へ