IIP HOME > IIPの活動について> セミナー・報告会> 平成26年度在外研究員 研究成果報告会

開催済み セミナー・研究成果報告会

平成26年12月19日(金)
    特許庁委託 産業財産権研究推進事業
    平成26年度在外研究員 研究成果報告会

一般財団法人知的財産研究所では、特許庁から委託を受け、我が国の適切な産業財産制度の設計・構築を推進するために、主に将来を担う国内外の研究者を対象として、制度調和や制度整備が中期的に必要となる研究テーマについて研究を行う機会を与える産業財産権研究推進事業を実施しています。その一環として、今後我が国の研究者を外国の研究機関に派遣し、主に国際的な動向を調査すべき課題について研究に従事してもらっています。 

この度、本年4月初旬より約8か月半の予定で英国及びドイツの研究機関に派遣した研究者が派遣期間を終えて12月に帰国いたします。つきましては、在外研究者の研究成果の発表及び参加者の方々との意見交換を行う場を設けるために、次のとおり研究成果報告会を開催いたしますので、御案内申し上げます。

日 時 平成26年12月19日(金)11:00-12:05
(10:30受付開始・開場 これ以前には入場できない場合があります。)
会 場 一般財団法人知的財産研究所 会議室 (地図
東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル 5階
          東京メトロ東西線 竹橋駅(3b出口)より徒歩4分
          東京メトロ半蔵門線、都営新宿線神保町駅より徒歩8-10分
          都営三田線 神保町駅(A9出口)より徒歩3分
参加費 無料
定 員 60名 (先着順)
プログラム
10:30 受付開始
11:00 開会・主催者挨拶
11:05-12:05 『医薬品アクセス及び地理的表示をめぐるEUのFTA政策について』
西村 もも子 在外研究員
12:05 閉会

※各報告は、発表50分、質疑応答10分の予定です。

申込方法

受付終了いたしました。

申込締切り

平成26年12月18日(木)
※報告ごとに定員に達し次第受付を締め切り、以降のお申込みはキャンセル待ちとさせていただきます。

問合せ先

一般財団法人知的財産研究所 金子(かねこ)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地 精興竹橋共同ビル5階
Tel:03-5281-5674;   Fax:03-5281-5676;

▲このページの先頭へ 

『医薬品アクセス及び地理的表示をめぐるEUのFTA政策について』
 西村 もも子 在外研究員
【報告概要】

近年、欧州連合(EU)は、対外通商政策の軸足を多国間交渉から二国間交渉に移し、自由貿易協定(FTA/EPA)の締結に積極的になっている。このようなEUの近年の自由貿易協定には、TRIPs協定の基準を超える知的財産権の保護規定が盛り込まれることが増えており、米国の自由貿易協定と同様に注目を集めている。一般的には、このEUの方針転換の背景については、世界貿易機関(WTO)における交渉の停滞という観点だけから語られることが多い。これに対して本研究では、EU域内の政治関係がEUのFTA政策、特に知的財産権保護政策にどのような影響を与えているのかという点を明らかにする。具体的には、医薬品アクセスと地理的表示という二つのトピックに焦点を当てて、EU域内における過去十数年間の医療政策および農業政策の変化が、EUのFTAにおける知的財産規定にどのように結びついているのか、その道筋を解き明かす。

【派遣先研究機関及び派遣期間】

-英国・ロンドン大学東洋アフリカ研究学院
 (University of London, School of Oriental and African Studies)
 派遣期間:平成26年4月2日~平成26年8月29日

-ドイツ・マックスプランクイノベーション・競争法研究所
 (Max Planck Institute for Innovation and Competition)
 派遣期間:平成26年8月30日~平成26年12月17日

【報告者紹介】

東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。平成21年3月学術博士取得。当研究所平成18年度特別研究員、平成25年度在外研究員、平成26年4月より当研究所在外研究員。

▲このページの先頭へ