IIP HOME > IIPの活動について> 調査研究事業

調査研究事業

 当研究所では、知的財産制度の発展に貢献するため、知的財産法の改正や運用等の諸問題を基本的な問題から実務的な問題まで多くの課題について幅広く調査研究を実施し、報告書に取りまとめています。

 これまでに実施した調査研究テーマの一覧及びその調査研究の概要(400字)については【調査研究テーマ一覧】をご覧ください。
 また、調査研究報告書の購入を御希望の方は【調査研究報告書の入手について】をご覧ください。

 なお、【特許庁産業財産権制度問題調査研究】(一部除く)の全文は特許庁Webサイト 「特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書について」に掲載されています。

1.平成28年度実施の調査研究 

▲このページの先頭へ 

2.知財研紀要

 調査研究報告書の要約(1万字)です。 
和文版冊子体の刊行は2006年版(Vol.15)で終了し、2007年版(Vol.16)以降はインターネット版のみになります。インターネット版はPDFでご覧いただけます。

3.過去の調査研究等テーマ一覧 

 各テーマの調査研究報告書の概要(400字)及び要約(1万字)がご覧いただけます。概要(400字)については、テーマ名をクリックいただだくか、各年度の概要のページをご覧ください。要約(1万字)についてはPDFアイコンをクリックしてください。(※テーマによっては掲載がないものもございます。)

 
【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
  用途発明の特許権の効力範囲を踏まえた食品の保護の在り方に関する調査研究 要約へ(268KB)
  知財訴訟における諸問題に関する法制度面からの調査研究 要約へ(280KB)
  知財紛争処理システムの活性化に資する特許制度・運用 に関する調査研究 要約へ(289KB)
  日米間の新規性を中心とした内外乖離に関する調査研究 要約へ(284KB)
  プロダクト・バイ・プロセス・クレームの審査の取扱い に関する調査研究 要約へ(294KB)
  我が国の知的財産制度が経済に果たす役割に関する調査 要約へ(254KB)
  平成27年度各国知的財産関連法令TRIPS協定整合性分析調査  
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
  境界線:個別化医療診断の特許適格性の範囲 ケヴィン・エマーソン・コリンズ 要約へ(282KB)
  FRAND条件が引き起こすホールドアップ問題 リ・ヤン 要約へ(381KB)
  戦略的特許の新たな代理変数と日米の特許データへのその適用 ヘンリ・デ・ベルサンス 要約へ(410KB)
  EUと日本における商標的使用の法理 マーティン・フソヴェック 要約へ(254KB)
  特許の強制実施権-日本とインドの実務の比較分析 V.C.ヴィヴェカナンダン 要約へ(308KB)
  進歩性/非自明性基準の比較分析とその事例研究-解決すべき課題を中心として シュウ・シ・ハオ 要約へ(500KB)
  ソフトウェア特許の日本と韓国における保護の状況についての比較研究 ユ・ジヘ 要約へ(284KB)
  中国企業の株主構成と知財戦略-特許データを用いた実証分析 袁 媛 要約へ(288KB)
  職務発明制度の経済分析-研究開発インセンティブと対価請求訴訟による経済損失の観点から 村本 顕理 要約へ(501KB)
  特許権の早期安定化とイノベーション : 情報提供制度と異議申立制度に関する実証研究 中村 健太 要約へ(306KB)
  国際的特許技術のライセンシング促進のための国内法・国際法上の制度及び関連政策の整備に関する研究-電気通信分野、バイオ分野、環境分野におけるライセンシング実務の事例を中心に 長越 柚季 要約へ(426KB)
  欧州統一特許制度に関する研究:国際私法の観点から 山口 敦子 要約へ(296KB)
【特許庁委託 知的財産保護包括協力推進事業】
  知的財産に関する日中共同研究  

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
  特許・実用新案審査基準の理解を深める参考資料としての裁判例に関する調査研究 要約へ(201KB)
  画像デザインの開発手法の実態に関する調査研究 要約へ(275KB)
  出願公開制度に関する調査研究 要約へ(294KB)
  イノベーションを推進するための顕彰制度等の実態に関する調査研究 要約へ(210KB)
  医薬品等の特許権の存続期間の延長登録制度及びその運用の在り方に関する調査研究 要約へ(297KB)
  特許権等の紛争解決の実態に関する調査研究 要約へ(243KB)
  標準関連文書の特許審査利用に関する調査研究 要約へ(290KB)
  各国知的財産関連法令TRIPS協定整合性分析調査『国際知財制度研究会』  
【特許庁委託 知的財産国際権利化戦略推進事業】
  平成26年度知的財産国際権利化戦略推進事業  
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
  医薬品特許クレーム調和の実証研究 ベンジャミン・ピウェイ・リュウ 要約へ(329KB)
  立体形状:知的財産と競争政策上の課題 -日本の商標保護制度に関する比較法的意見  アポストロス・クロノポラス 要約へ(339KB)
  ネットワーク関連特許の共同侵害に関する研究 -韓国・日本・米国の判例及び理論の比較を中心として  チョン・ソンテ 要約へ(405KB)
  Myriad判決後:バイオテクノロジー特許の実務に関する比較研究 ウ・チャイン 要約へ(272KB)
  特許権侵害の判決規則に関する日中比較研究 チャン・シャオジン 要約へ(308KB)
  外国法鑑定制度に見る知的財産権訴訟の在り方 草間 裕子 要約へ(334KB)
  特許制度の戦略的利用と研究開発促進効果に関する研究 鈴木 貴晶 要約へ(2,837KB)
  特許制度の変更は価格競争を緩和し、企業の研究開発を促したのか? -1998年から2013年の制度変更が自動車メーカーに与えた影響- 谷口 みゆき 要約へ(243KB)
  欧州単一効特許及び欧州特許に関する民商事事件の国際裁判管轄 山口 敦子 要約へ(275KB)
  発明該当性に関する比較法的考察-方法の発明を中心として- 吉田 悦子 要約へ(407KB)
  医薬品アクセス及び地理的表示をめぐるEUのFTA政策について 西村 もも子 要約へ(265KB)
  途上国の知的財産制度の整備状況と日本企業の海外活動に関する研究 大西 宏一郎 要約へ(297KB)
【特許庁委託 知的財産保護包括協力推進事業】
  知的財産に関する日中共同研究  

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
  特許請求の範囲に係る課金制度と記載要件の在り方に関する調査研究 要約へ(272KB)
  企業等における特許法35条の制度運用に係る課題及びその解決方法に関する調査研究 要約へ(304KB)
  権利行使態様の多様化を踏まえた特許権の効力の在り方に関する調査研究 要約へ(332KB)
  特許登録令等における補正等をはじめとした手続制度の在り方に関する調査研究 要約へ(326KB)
  独占的ライセンス制度の在り方に関する調査研究 要約へ(253KB)
  侵害訴訟等における特許の安定性に資する特許制度・運用に関する調査研究 要約へ(307KB)
  我が国における技術革新の加速化に向けた産業財産権の出願行動等に関する分析調査 要約へ(274KB)
【特許庁委託 知的財産国際権利化戦略推進事業】
  平成25年度知的財産国際権利化戦略推進事業 要約へ(5,674KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
  FRAND宣言に基づくライセンス供与 -技術標準に対する日本のアプローチと世界的な新たな傾向の比較- キャロル・マリンズ・ヘイズ 要約へ(321KB)
  知的財産法の調和が各国の国際私法規則の多様性にもたらす良い影響 ペトロ・コシィーク 要約へ(355KB)
  バイオインフォマティクスと特許性の問題 ラメッシュ・ビクラム・カルキィ 要約へ(309KB)
  知的財産権訴訟における国際裁判管轄再考
-新たな裁判例解釈の下での予測可能性の確保- 草間 裕子
要約へ(302KB)
  国際倒産処理手続における知的財産ライセンスの扱いに関する調査・研究 佐藤 育己 要約へ(324KB)
  特許が産業に与える経済効果の計量分析 -日本の自動車産業を例に- 谷口 みゆき 要約へ(288KB)
  近代日本の産業財産権と条約改正 -外交と内政- 靏岡 聡史 要約へ(258KB)
  知的財産制度と企業の研究開発 -人材移動に伴う技術流出の実証分析- 藤原 綾乃 要約へ(6,564KB)
  産業財産権の移転・ライセンスに関する契約の準拠法 山口 敦子 要約へ(294KB)
  進歩性要件の機能から見た裁判例の整理と実証分析 前田健 要約へ(693KB)
  EUと先進諸国とのFTAにおける知的財産戦略とその政治過程 西村もも子 要約へ(319KB)
【特許庁委託 知的財産保護包括協力推進事業】
  知的財産に関する日中共同研究  

▲このページの先頭へ 

 
【知的財産研究所 調査研究】
1 標準規格必須特許の権利行使に関する調査研究(Ⅱ) 要約へ(361KB)
【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
2 今後の弁理士制度の在り方に関する調査研究 要約へ(256KB)
3 PCT国際出願制度における手続の課題に関する調査研究 要約へ(283KB)
4 マドリッド協定議定書の利用における手続の課題に関する調査研究 要約へ(282KB)
5 安定的な権利付与に向けた制度に関する調査研究 要約へ(289KB)
6 適切なタイミングでの権利取得のための特許制度の在り方に関する調査研究 要約へ(259KB)
7 特許性判断におけるクレーム解釈に関する調査研究 要約へ(240KB)
8 我が国の知財人材育成制度の現状に関する調査研究 要約へ(244KB)
9 我が国における産業財産権の出願行動等に起因する経済成長に関する分析調査 要約へ(220KB)
【特許庁委託 知的財産国際権利化戦略推進事業】
10 知的財産国際権利化戦略推進事業 要約へ(643KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
11 日本における特許活用及び産業界への技術移転の促進の経験と、 日本とベトナムの大学及び産業界における特許活用のための 適切な仕組みの整備 ニュエン・ティ・フォン 要約へ(354KB)
12 商標はなぜ保護されるのか? 欧州と日本における商標の機能の問題についての比較研究 ヤン・アンリ・バジア 要約へ(334KB)
13 商標権侵害に係るインターネット・サービス・プロバイダの責任: 欧州・フランス・ドイツ・日本の比較法的見地から 畑中 麻子 要約へ(359KB)
14 デザイン-模倣品に対して過小評価されている対抗手段 ステラ・パドバーニ 要約へ(307KB)
15 中国と日本における知的財産をめぐる紛争解決のための 裁判制度とその仕組みに関する比較研究 ―中国における知的財産専門裁判所の創設 ヤン・ガンミン 要約へ(398KB)
16 地域ブランド育成における商標法の在り方に関する考察 井手 李咲 要約へ(510KB)
17 特許制度を補完する望ましい特許買取り制度の研究 稲見裕介 要約へ(3,480KB)
18 知的財産担保の準拠法に関する調査・研究 佐藤 育己 要約へ(390KB)
19 多様化する間接侵害に対応する解決法理の構築に向けた一考察 露木 美幸 要約へ(330KB)
20 国際社会における近代日本の産業財産権政策 -パリ条約加盟と日清・日露戦争- 靏岡 聡史 要約へ(300KB)
21 進歩性要件による特許の「質」のコントロールの意義と手法 ― 前田 健 要約へ(341KB)
22 産業の発展に寄与する効率的な特許審査プロセスの 在り方に関する研究 山内 勇 要約へ(266KB)

▲このページの先頭へ 

【知的財産研究所 調査研究】
1 標準規格必須特許の権利行使に関する調査研究 要約へ(314KB)
【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
2 国際協定への加盟に向けた意匠制度の在り方に関する調査研究
~ヘーグ協定加盟に向けた意匠制度の在り方~
要約へ(367KB)
3 国際協定への加盟に向けた意匠制度の在り方に関する調査研究
~ロカルノ協定加盟に向けた意匠制度の在り方~
要約へ(363KB)
4 発明の特別な技術的特徴を変更する補正及び発明の単一性の要件に関する調査研究 要約へ(243KB)
5 特許微生物寄託機関の業務運用の在り方に関する調査研究 要約へ(262KB)
6 デジタル社会におけるデザイン保護に即した意匠制度の在り方に関する調査研究 要約へ(294KB)
7 商標法による認証・証明マークの保護の在り方に関する調査研究 要約へ(227KB)
8 商標審決取消訴訟における取引の実情に関する調査研究 要約へ(270KB)
9 我が国企業の新興国への事業展開に伴う知的財産権のライセンス及び秘密管理等に関する調査研究 要約へ(273KB)
10 未登録の技術・ブランドの保護の在り方に関する調査研究
要約へ(306KB)
11 方式等の審査周辺業務を含む品質管理(監理)に関する調査研究 要約へ(302KB)
12 我が国経済の新たな成長に向けた産業財産権に関する出願行動等に関する分析調査
要約へ(298KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
13 オープン及びクローズド・ソースのマルチ・ライセンシング・モデルとソフトウェア保護:これまで提案されたソフトウェア独自保護モデルの再考   ヴィクラント・ナラヤン・ワスデワ 要約へ(389KB)
14 特許性のある主題としてのコンピュータ応用発明   ペッシ・ユホ・アンティ・ホンカサロ 要約へ(326KB)
15 外国裁判所で下された知的財産権の司法保護:日本の視点   ナタポン・チュンラゲート 要約へ(295KB)
16 遺伝子及び遺伝子組換え生物発明の「新規性」要件とピア・トゥー・パテント・システムの潜在的利益   トーマス・マルゴーニ 要約へ(309KB)
17 商標法と消費者保護 -日本・中国・韓国の標識制度の比較研究を中心に-   井手 李咲 要約へ(298KB)
18 特許制度改正が医薬品産業におけるイノベーションに与える影響   小坂 賢太 要約へ(298KB)
19 先使用権の根拠論に関する比較法研究 (英米法を中心に)   武生 昌士 要約へ(298KB)
20 知的財産権侵害の準拠法と不法行為準拠法との関係   種村 佑介 要約へ(298KB)
21 特許法103条と責任法上の注意義務 ―産業財産権法の過失の推定規定の再検討   ― 露木 美幸 要約へ(298KB)
22 近代日本の産業財産権政策 -パリ条約加盟をめぐる日英米の政治過程の分析-   靏岡 聡史 要約へ(298KB)
23 米国商標法における混同概念の拡張について   小嶋 崇弘 要約へ(298KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
1 権利行使態様の多様化を踏まえた特許権の効力の在り方に関する調査研究 要約へ(257KB)
2 出願人等による評価を踏まえた商標審査の品質監理手法に関する調査研究 要約へ(283KB)
3 地理的表示・地名等に係る商標の保護に関する調査研究 要約へ(275KB)
4 企業の事業戦略におけるデザインを中心としたブランド形成・維持のための産業財産権制度の活用に関する調査研究 要約へ(277KB)
5 今後の登録調査機関制度及び特定登録調査機関制度の在り方に関する調査研究 要約へ(280KB)
6 企業等の知的財産戦略の推進に関する調査研究
要約へ(363KB)
7 ユーザーの利便性を向上させる特許審査の運用に関する調査研究
要約へ(262KB)
8 我が国における発明等の産業化に向けた出願行動等に関する調査
要約へ(292KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
9 日本における特許権行使   クリストフ・ラーデマッハー 要約へ(304KB)
10 インターネットにおける特許の権利行使-その課題、傾向及びアプローチ   アグニェシュカ・クプツォック 要約へ(329KB)
11 知的財産事件における日本の最高裁判所調査官の役割   チャイヨス・オラノンシリ 要約へ(283KB)
12 英国、日本及び中国の詐称通用に関する比較研究   リ・イェン 要約へ(331KB)
13 知的財産紛争仲裁の利用における課題とその克服   小川 和茂
要約へ(345KB)
14 異なる産業財産権による多面的保護に関する 相乗効果の経済分析   土橋 俊寛 要約へ(310KB)
15 オープンソース・ソフトウェア・ライセンスにおける ソフトウェア特許と商標の扱いに関する研究   八田 真行 要約へ(313KB)
16 特許権侵害訴訟のパネルデータ分析 -知財高裁法施行による侵害認定の変化に関する定量的分析-    柚木 孝裕 要約へ(341KB)
17 先使用権の主体的範囲 -フランス法と日本法との比較-   麻生 典 要約へ(303KB)
18 知的財産権侵害事件における国際的な差止命令について   的場 朝子 要約へ(423KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
1 イノベーションの創出に資する知的財産権制度の在り方に関する調査研究 要約へ(245KB)
2 ウェブアーカイブに記録された先端技術情報の公知性等に関する調査研究 要約へ(277KB)
3 出願人等の評価を踏まえた意匠審査の在り方に関する調査研究 要約へ(286KB)
4 新たな企業活動を踏まえた産業財産権の活用実務に関する調査研究 要約へ(314KB)
5 多様化するデザイン創作活動を促進する意匠制度の在り方に関する調査研究 要約へ(265KB)
6 我が国の経済情勢等を踏まえた産業財産権に関する料金制度等の在り方に関する調査研究
要約へ(244KB)
7 ライセンス・特許を受ける権利に係る制度の在り方に関する調査研究
要約へ(258KB)
8 当事者系審判における審理の進め方に関する調査研究
要約へ(280KB)
9 我が国の持続的な経済成長にむけた企業等の出願行動等に関する調査 要約へ(284KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
10 知的財産分野における日本と欧州の統一された裁判管轄制度に向けて   アウレリオ・ロペス-タルエジャ マルティネス 要約へ(288KB)
11 日本及び欧州の大学と産業におけるイノベーションの商業化障壁低減手段:幾つかの実現可能な新しい解決策を伴う知識移転活動の比較アプローチ   ルカ・エスコフィエ 要約へ(331KB)
12 知的財産侵害の効果的な防止抑制のための法と政策の国際的調和   サンタニー・ディサヤブット 要約へ(479KB)
13 バイオシミラー(バイオ後続品)のための簡略承認手続きと特許政策:イノベーションのためのインセンティブと価格競争とのバランス   ドン・タオ 要約へ(472KB)
14 研究開発・特許出願行動の進化ゲーム理論的分析   石井 良輔
要約へ(427KB)
15 環境規制と企業のイノベーション活動-特許データによる研究開発動向の分析-   枝村 一磨 要約へ(343KB)
16 商標としての使用-侵害訴訟における解釈及びその問題点について-   金 久美子 要約へ(461KB)
17 インターネット上における商標権の保護-日中比較を中心として-   陳 思勤要約へ(431KB)
18 知的財産権に基づく侵害行為差止め仮処分の国際裁判管轄   的場 朝子 要約へ(396KB)
19 国際的な職務発明・職務著作紛争の国際裁判管轄及び準拠法   村上 愛 要約へ(395KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
1 コミュニティパテントレビューに関する調査研究 要約へ(384KB)
2 知的財産の更なる活用の在り方に関する調査研究 要約へ(207KB)
3 『類似商品・役務審査基準』における商品・役務の類否関係の見直しに係る諸問題についての調査研究 要約へ(201KB)
4 産業財産権に係る料金施策の在り方に関する調査研究 要約へ(215KB)
5 産業の発達を阻害する可能性のある権利行使への対応策に関する調査研究 要約へ(276KB)
6 企業再編における特許権等の取扱いに関する調査研究 要約へ(189KB)
7 我が国における産業財産権等の出願動向等に関する調査研究 要約へ(229KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
8 標準化に伴うパテントプールの形成に関する日本のガイドライン : 独占禁止法に基づく実務的及び法的検討-グローバルな観点から   モニカ・アルミロッタ 要約へ297(KB)
9 日本における生命科学分野の特許の藪とライセンス拒絶 : 特許と競争法の接点における法的救済   エステル・ヴァン・ツィメレン 要約へ(370KB)
10 応用美術(デザイン)の法的保護-韓国と日本の意匠法、不正競争防止法及び著作権法の比較を中心に-   チャ・サンユク 要約へ(483KB)
11 オンライン・ビジネス方法特許に関する米国、日本及びタイの法制度についての比較研究    アニャ・シンサゴップ
要約へ(312KB)
12 ソフトウェア特許の経済分析   新井 泰弘 要約へ(200KB)
13 ライセンス方式が技術の市場価値に与える影響   猪野 弘明 要約へ(239KB)
14 外国特許権侵害訴訟における国際裁判管轄と特許無効の抗弁
-欧州司法裁判所2006年7月13日判決(C-4/03)を素材として-   岩本 学
要約へ(322KB)
15 M&Aと企業のイノベーション活動-合併が企業の出願・審査請求行動に与える影響-   山内 勇 要約へ(217KB)
16 パテントプールの競争制限効果に関する基礎的研究   山田 誠治 要約へ(373KB)
【特許庁大学知財研究推進事業】
17 バイオテクノロジー分野における大学研究者による発明の特許出願に関する研究 要約へ(268KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究等】
1 意匠登録出願における「特徴記載書」に関する調査研究 要約へ(296KB)
2 早期権利取得促進のための審判制度のあり方に関する調査研究 要約へ(264KB)
3 特許の審査実務(記載要件)に関する調査研究-バイオテクノロジー分野の記載要件に関する調査研究- 要約へ(281KB)
4 特許の審査実務(記載要件)に関する調査研究-望ましい明細書に関する調査研究-
5 タイプフェイスの保護のあり方に関する調査研究 要約へ(279KB)
6 国際共同研究における共同発明者・発明地の認定等に関する調査研究 要約へ(249KB)
7 新しいタイプの商標に関する調査研究 要約へ(225KB)
8 著名商標に係る保護の拡大等に関する調査研究 要約へ(276KB)
9 特許審査の出願人等による評価を踏まえた品質監理手法に関する調査研究 要約へ(263KB)
10 寄託制度の運用に関する調査研究 要約へ(307KB)
11 日米韓における特許権の行使に関する諸問題についての調査研究 要約へ(285KB)
12 平成19年度我が国企業等における産業財産権等の出願行動等に関する調査 要約へ(270KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
13 第二医薬用途をクレームする医薬発明の特許性と保護範囲
-ブラジル等の開発途上国に応用可能な枠組みとしての日欧の取組み   ヴィヴィアネ・ユミ・ミツウチ クニサワ
要約へ(274KB)
14 特許実施許諾及び譲渡契約における不争義務についての韓国、日本、米国及びドイツ間の比較分析   アン・ヒョジル 要約へ(347KB)
15 画面上の画像デザインの保護-中国法と日本法の比較研究-   グワン・ユーイン 要約へ(381KB)
16 ドイツにおける知的財産担保制度の基礎的考察―流通・管理スキームとしての担保法理の一局面―   池田 雅則 要約へ(301KB)
17 知的財産権と自由な情報流通との調整の在り方をめぐる憲法学的考察-情報技術に関する法における基本原理の探求   山口 いつ子
18 財産権(property)としての知的財産権-情報取引契約についての議論の前提として-   渕 麻依子 要約へ(364KB)
19 インターネット空間における商標問題-ドメイン名の差止めを中心として   市政 梓 要約へ(320KB)
20 プログラムの特許権と著作権による重複保護により生じる問題点―特に、職務上作成されたプログラムについて―   内田 剛 要約へ(303KB)
21 企業の競争戦略としての特許利用について-特許統計データを用いた実証分析   蟹 雅代 要約へ(318KB)
22 国際私法における特許を受ける権利の承継-いわゆる日立製作所事件最高裁判決を契機として-   申 美穂 要約へ(263KB)
23 パテント・プールに係る特許の質と出願行動について   塚田 尚稔 要約へ(284KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究】
1 各国における商標権侵害行為類型に関する調査研究 要約へ(44KB)
2 審判制度に関する今後の諸課題の調査研究 要約へ(37KB)
3 マドリッド協定議定書の利用に係る我が国ユーザーが抱える課題に関する調査研究 要約へ(46KB)
4 我が国企業の国際競争力強化にむけた知的財産戦略の評価に関する調査研究
-知的財産統計に関する調査研究-
要約へ(38KB)
5 我が国企業の国際競争力強化に向けた知的財産戦略の評価に関する調査研究
-知財戦略事例集-
要約へ(47KB)
6 今後の弁理士制度のあり方に関する調査研究 要約へ(43KB)
7 知的財産関連人材育成を促進するための手法に関する調査研究 要約へ(39KB)
8 知的財産の適切な保護のあり方に関する調査研究 要約へ(41KB)
9 知的財産の適切な活用のあり方に関する調査研究 要約へ(42KB)
10 特許発明の円滑な利用に関する調査研究 要約へ(40KB)
11 先使用権制度の円滑な利用に関する調査研究(Ⅰ)(Ⅱ) 要約へ(48KB)
12 先端医療分野における最先端技術の特許保護に関する各国制度の調査研究 要約へ(38KB)
13 諸外国におけるタイプフェイスの保護の現状と問題点に関する調査研究 要約へ(47KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
14 生物多様性条約下における日本企業の遺伝資源へのアクセスについて
-オーストラリアの対応を中心として-   カマル・プリ
要約へ(57KB)
15 データベースの製作者に対する産業財産権保護
-欧州及び日本の保護制度の今後に関する考察-   フランク・ゴッツェン
要約へ(44KB)
16 商標機能及びその侵害事件における役割
-EUと日本は相互の経験から何を学ぶことができるのか?-   イラーナ・サイモン
要約へ(66KB)
17 DNA配列及び遺伝子イノベーションの効果的な保護   丘 大煥 要約へ(52KB)
18 中日両国における著名商標保護の比較研究   李 明德 要約へ(26KB)
19 開発途上国及び地域にとっての知的財産権行使モデル   ジュンポン・ピニョシンワット 要約へ(44KB)
20 知的財産権分析の基礎を構成する限定合理性とその周辺概念について   和田 哲夫 要約へ(47KB)
21 欧州商標制度における権利範囲と商標の機能   蘆立 順美 要約へ(48KB)
22 1830年代から1960年代にかけての国際著作権法整備の過程における著作権保護に関する国際的合意の形成とその変遷   園田 暁子 要約へ(48KB)
23 商標品の並行輸入制限行為の規制における自由移動規定と競争法  青柳 由香 要約へ(39KB)
24 技術標準化プロセスでの知的財産権の行使と競争政策   伊藤 隆史 要約へ(40KB)
25 ライセンス契約の形態の選択-石油化学産業のケース-   真保 智行 要約へ(44KB)
26 大学等の研究に対する特許法制度上の配慮の必要性   高田 恭子 要約へ(58KB)
27 後発医薬品参入と法制度間調整:薬事規制、知的財産法と独占禁止政策   中川 晶比兒 要約へ(37KB)
28 TRIPs協定の締結をめぐる政治過程の分析
-日米欧における製薬・コンピュータ産業を中心として-   西村 もも子
要約へ(45KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究】
1 知的財産侵害物品に対する水際制度の在り方に関する調査研究(Ⅰ)(Ⅱ) 要約へ(690KB)
2 知的財産の流通・流動化に係る制度的諸問題の調査研究 要約へ(714KB)
3 大学における知的財産管理・活用に関する調査研究 要約へ(704KB)
4 独創的デザインの保護に即した意匠制度のあり方に関する調査研究 要約へ(706KB)
5 多面的な発明の保護に関する調査研究 要約へ(715KB)
6 「アンチコモンズの悲劇」に関する諸問題の分析 要約へ(705KB)
7 新たな「知」の保護管理のあり方に関する調査研究 要約へ(715KB)
8 知的財産関連人材育成のあり方に関する調査研究 要約へ(716KB)
9 特許発明の円滑な利用のための方策に関する調査研究 要約へ(712KB)
10 今後の弁理士制度のあり方に関する調査研究 要約へ(723KB)
11 模倣品・海賊版の個人輸入・所持・販売等に関する調査研究 要約へ(725KB)
12 産業財産権紛争を巡る現状に関する調査研究 要約へ(722KB)
【特許庁委託 産業財産権研究推進事業】
13 インターネット関連の国際商標権紛争について-西欧諸国の法的状況と日本の事例-   セドリック・マナラ 要約へ(709KB)
14 団体商標としての地理的表示保護-その可能性と陥穽-   デイブ・ガンジー 要約へ(772KB)
15 意匠権と著作権の境界について   カタリーナ・マラッケ 要約へ(786KB)
16 コンピュータ・ソフトウェア関連の発明における特許性の研究-米、日、欧の実務及び中国における展望-   周 俊 強 要約へ(740KB)
17 コンピュータ・プログラムの保護に関する米・EU・日・韓の比較法的研究プログラム リバース・エンジニアリングを中心に -   鄭 鎭 根 要約へ(838KB)
18 ドイツにおける意匠法と著作権法との体系的峻別構造の生成と展開   本山 雅弘 要約へ(713KB)
19 米国の医薬・バイオ関連分野におけるプロパテント政策の動向 -ハッチ・ワックスマン法を中心に-   浅野 敏彦 要約へ(730KB)
20 米国特許における均等論制限理論の適用とクレームドラフティングについて-均等制限におけるクレーム限定の重要性と予見性-   高瀬 泰治郎 要約へ(736KB)
21 実施不能の場合における特許権者の法的責任   今西 頼太 要約へ(715KB)
22 発明報奨制度は企業内研究者のインセンティブを高めるのか ―パネルデータによる検証―    大西 宏一郎 要約へ(768KB)
23 発明者の認定基準、及び発明者の認定に関する紛争処理手続   工藤 敏隆 要約へ(712KB)
24 データベース保護と競争政策 -創作性を要件としないデータベース保護の競争政策的考察-   佐藤 佳邦 要約へ(729KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究】
1 特許の分割・補正制度の在り方に関する調査研究 要約へ(787KB)
2 用途発明の審査・運用の在り方に関する調査研究 要約へ(789KB)
3 主要国等における産業財産権の設定及び移転に係る手続及び第三者対抗要件に関する調査研究 要約へ(777KB)
4 小売業商標のサービスマークとしての登録及びコンセント制度導入に対応する審査の在り方に関する調査研究 要約へ(787KB)
5 特許権の効力の例外及び制限に関する調査研究 要約へ(777KB)
6 特許統計の利用促進に関する調査研究 要約へ(790KB)
7 大学における知的財産の創造、保護及び活用に関する諸問題についての調査研究 要約へ(785KB)
8 諸外国におけるデザイン保護の実態に関する調査研究 要約へ(865KB)
9 不正競争防止法を活用した知的財産の保護強化(営業秘密の保護と模倣品・海賊版対策)に関する調査研究 要約へ(771KB)
10 中小・ベンチャー企業における知的財産の活用方策に関する研究会 要約へ(805KB)
【特許庁委託産業財産権研究推進事業】
11 日米欧における植物保護と知的財産権   ムリエル・ライトブールン 要約へ(817KB)
12 日米の共同発明に関する法律の比較及び技術移転に与えるその影響について   メアリー・ラフランス 要約へ(825KB)
13 企業の特許にかかわる活動の業績評価-特許部門の評価手法と評価基準-   マイケル D. カミンスキ 要約へ(790KB)
14 日・米・欧・韓の独占禁止法下における知的財産権ライセンスの研究   韓 志泳 要約へ(798KB)
15 知的財産の保護方法の一般原則に関する研究   申 宰 昊 要約へ(817KB)
16 特許侵害における均等論について―中日における法と実務の比較を中心に   閻 文軍 要約へ(751KB)
17 情報取引の形態に関する基礎的考察-主に、サイバースペースにおける情報財の保護と利用、その法的規整を素材に-   小島 立 要約へ(782KB)
18 発明の包括的な保護を図る制度-米国の一部継続出願制度と我が国の国内優先権制度の比較を通じて-   水野 敦 要約へ(807KB)
19 欧州における一元的な特許保護制度の研究   松中 雅彦 要約へ(783KB)
20 知的財産権の保護の強さが垂直的関係にある企業間の共同研究開発に与える影響   石井 光 要約へ(823KB)
21 知的財産権に関する国際裁判管轄権-アメリカ法律協会作成の「国際知的財産紛争の裁判管轄権および法選択、判決に係る原則」を中心に-   福本 渉 要約へ(777KB)
22 インターネットにおける知的財産に関する適用規範をめぐる諸問題   中山 真里 要約へ(773KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究】
1 産業財産権分野の制度(商標制度)改正に係る調査研究 要約へ(647KB)
2 デザインの戦略的活用に即した意匠制度の在り方に関する調査研究 要約へ(635KB)
3 特許統計データの経済学的分析に関する調査研究 要約へ(648KB)
4 主要国における用途発明の審査・運用に関する調査研究 要約へ(635KB)
5 日本企業の欧米における戦略的特許取得に関する調査研究(2) 要約へ(645KB)
6 今後の実用新案制度の在り方に関する調査研究 要約へ(794KB)
7 国際私法上の知的財産権をめぐる諸問題に関する調査研究 要約へ(648KB)
8 知的財産に関するライセンス契約の適切な保護の調査研究 要約へ(659KB)
9 知的財産の信託制度導入に係る実務的諸問題の調査研究 要約へ(674KB)
10 知的財産の円滑な利用に係る諸問題に関する調査研究-「試験又は研究」の例外等について- 要約へ(654KB)
【特許庁委託産業財産権研究推進事業】
11 技術標準化、パテントプール、そして競争政策   金 正勲 要約へ(628KB)
12 製薬業界におけるデータ保護 ~日本とカナダの比較研究   ビシュワ・ラムラル 要約へ(643KB)
13 日本における特許無効手続の比較法的評価 ジェイ・P・ケーサン 要約へ(640KB)
14 エッセンシャル・ファシリティとしての遺伝子 ―ブロック・ミー・ノット―   シャムナッド・バシール 要約へ(634KB)
15 21世紀の日本における知財教育のあり方 ―その現状と米国から学ぶべき教訓―   イルヒュン・リー 要約へ(618KB)
16 特許権の客体論   島並 良 要約へ(626KB)
17 欧州特許法からみたわが国特許法制の現代的課題
特許法における複数主体による侵害形態の意義と機能―間接侵害規定を中心として―   潮海 久雄
要約へ(649KB)
18 米国における判例法上の試験免責とボーラー条項に関する判決の展開   増岡 国久 要約へ(636KB)
19 情報開示義務における判断基準について   三澤 達也 要約へ(643KB)
20 資産流動化対象資産としての知的財産   渡辺 宏之 要約へ(576KB)
21 一般指定15項及び16項の生い立ちと不公正な取引方法規制の基本原理   大久保 直樹 要約へ(650KB)
22 遺伝子・タンパク質特許の現状とイノベーションから見たその保護の在り方   西 剛志 要約へ(628KB)
【経済産業省調査研究】
23 平成15年度我が国経済構造に関する競争政策的観点からの調査研究
特許・技術情報の開示に関する研究
要約へ(641KB)
24 平成15年度我が国経済構造に関する競争政策的観点からの調査研究
-知的財産侵害訴訟における損害賠償額の算定についての判例に関する調査研究-
要約へ(666KB)

▲このページの先頭へ 

【特許庁産業財産権制度問題調査研究】
1 産業財産権制度改正に係る調査研究 要約へ(779KB)
2 21世紀の商標制度構築に向けた調査研究 要約へ(747KB)
3 職務発明制度の在り方に関する調査研究 要約へ(201KB)
4 ライフサイエンス分野の新出現技術関連発明の保護の在り方に関する調査研究 要約へ(218KB)
5 諸外国の産業財産権の料金施策及び財政運用に関する調査研究 要約へ(804KB)
6 知的財産権の信託活用に係る法的諸問題の検討に関する調査研究 要約へ(775KB)
7 特許クレーム解釈に関する調査研究(Ⅱ) 要約へ(210KB)
8 産業界におけるライセンス契約の動向及び経済学的問題に関する調査研究 要約へ(216KB)
9 知的財産保護強化に向けた不正競争防止の在り方に関する調査研究 要約へ(191KB)
10 日本企業の欧米における戦略的特許取得に関する調査研究 要約へ(196KB)
11 企業における戦略的な知的財産の取得・管理の指針に関する調査研究 要約へ(762KB)
12 今後の特許微生物寄託事業の在り方に関する調査研究 要約へ(187KB)
【特許庁委託産業財産権研究推進事業】
13 商標保護制度の拡張   フランク・ゴッツェン 要約へ(763KB)
14 立体商標の保護   ジーグリッド・アッシェンフェルト 要約へ(832KB)
15 日越における知的財産権エンフォースメントの主要な側面について   ファン・ヴィエット・ズン 要約へ(781KB)
16 知的財産権に係る司法保護に関する比較研究   羅 東 川 要約へ(757KB)
17 米国における機能的クレームの解釈について   大野 敬史 要約へ(221KB)
18 インターネットを通じた電子商取引等の健全な発展を促すための知的財産権法制度のあり方   木村 貴志 要約へ(201KB)
19 WTOのTRIPs協定における医薬品関連発明保護制度の漸進的発展   加藤 暁子 要約へ(753KB)
20 知的財産権に関する訴訟と主権免除   松井 章浩 要約へ(217KB)
【経済産業省調査研究】
21 特許・技術情報のディスクロージャーについて考える研究会 要約へ(142KB)

▲このページの先頭へ 

平成13年度調査研究
【特許庁工業所有権制度問題調査研究】
1 商標の保護対象等に係る国際調和に関する調査研究 要約へ(361KB)
2 表示画面上に表示された画像デザインに関する保護についての調査研究 要約へ(404KB)
3 各知的財産制度の適切な保護領域のあり方に関する調査研究 要約へ(452KB)
4 IT化に対応した特許法・商標法の保護の在り方に関する調査研究 要約へ(401KB)
5 審判制度と知的財産訴訟の将来像に関する調査研究 要約へ(435KB)
6 新しい時代における知的財産保護のための不正競争防止法のあり方に関する調査研究 要約へ(404KB)
7 プロパテント時代における権利のあり方に関する調査研究 要約へ(482KB)
8 ポストゲノム研究成果物の保護のあり方に関する調査研究 要約へ(488KB)
9 特許クレーム解釈に関する調査研究 要約へ(413KB)
10 知的財産紛争を巡る国際的な諸課題に関する調査研究 要約へ(388KB)
11 特許と経済に関する調査研究 要約へ(550KB)
12 グループ企業における知的財産権の活用に関する課題調査研究 要約へ(586KB)
【特許庁委託工業所有権研究推進事業】
1 実用新案保護の国際的な発展 -台湾実用新案制度改正への模索-   謝 銘洋
2 ビジネス方法ソフトウェアの特許性 -日米欧のBMPに対する考え方と価値基準および中国の対応策について-   張 平
3 特許クレーム解釈に関する比較研究   林 桓毅
4 並行輸入・特許権の消尽・TRIPS   フロリアン・シュミット-ボガツキー
5 米国におけるバイオテクノロジー関連発明に関する特許性判断基準 -有用性要件の判断基準を中心として-   泉川 達也
6 欧州におけるソフトウエア及びビジネス方法関連発明の特許適格性   大山 正嗣
7 知的財産権の単独取引拒絶と競争法の関係   棚橋 美緒
8 標識法の保護領域の拡大 -稀釈化に関する米国法を題材として-   宮脇 正晴
9 伝統的知識の保護と知的財産に関する一考察 -遺伝資源及び伝統的知識の保全から活用の時代へ-   大澤 麻衣子

▲このページの先頭へ 

【特許庁工業所有権制度問題調査研究】
1 知的財産紛争の迅速かつ実効性ある解決に向けたADRの整備に関する調査研究 要約へ(65KB)
2 知的財産専門サービスにおける能力評価制度に関する調査研究 要約へ(64KB)
3 新領域(ビジネス方法)関連発明の動向に関する調査研究 要約へ(62KB)
4 医療分野における特許保護のあり方に関する調査研究 要約へ(49KB)
5 インターネットの世界性と商標権の属地性との調整における商標の保護のあり方に関する調査研究 要約へ(53KB)
6 特許制度が経済に及ぼす影響に関する調査研究 要約へ(94KB)
7 特許庁からの情報発信のあり方に関する調査研究 要約へ(46KB)
8 不正競争防止法の整備(ドメイン名と商標等との調整)に関する調査研究 要約へ(53KB)
9 バイオテクノロジー分野におけるサーチ手法に関する調査研究 要約へ(73KB)
10 内外商標法における商標登録要件の解釈及び運用に関する調査研究 要約へ(48KB)
11 特許出願手続に係る出願人の権利及び義務に関する調査研究 要約へ(60KB)
【経済産業研究所委託通商法規紛争関連調査研究】
12 知的財産を巡る国際的な紛争に関する調査研究 要約へ(92KB)
【日本自転車振興会補助事業】
13 知的財産保護の将来像に関する調査研究 -著作物の蓄積に関する問題について- 要約へ(54KB)
【特許庁委託工業所有権研究推進事業】
1 ドメインネームの不当使用を防止するための立法論   李 哲松
2 バイオテクノロジー発明の特許性に関する比較研究   張 暁都
3 インターネットにおける発明・著作物の領布と使用   ハワード・C・アナウォルト
4 EUと日本における特許製品及び商標商品の並行輸入に関する比較研究 -経済理論の観点から   ペーター・ガネア
5 ブランド管理と法の規制 -「コーポレートブランド経営」の法律学-   小塚 荘一郎
6 ビジネス方法特許に関する非自明性の判断基準について   加藤 達夫
米国工業所有権制度研究調査

▲このページの先頭へ 

平成11年度調査研究
【特許庁工業所有権制度問題調査研究】
1 新領域(ビジネス方法)における保護のあり方に関する調査研究 要約へ(669KB)
2 新領域(ネットワーク取引関連)における保護のあり方に関する調査研究 要約へ(564KB)
3 ゲノム研究成果物の保護のあり方に関する調査研究 要約へ(1,093KB)
4 特許経済モデル(特許経済学)に関する調査研究 要約へ(601KB)
5 特許から見た産業発展史に関する調査研究 要約へ(961KB)
6 次世代明細書のあり方に関する調査研究 要約へ(732KB)
7 デジタルコンテンツの利用促進のための制度整備に関する調査研究 要約へ(565KB)
8 欧米のデジタルコンテンツ保護法制の最近の動向に関する調査研究 要約へ(504KB)
9 知的財産専門サービスに関する調査研究 要約へ(844KB)
10 インターネット上における商標の保護についての調査研究 要約へ(731KB)
11 特許の無効と侵害に関する調査研究 要約へ(446KB)
12 21世紀に向けての知的財産制度のあり方に関する調査研究 要約へ(739KB)
13 知的財産紛争と国際私法上の課題に関する調査研究 要約へ(871KB)
14 平成11年度標準化と知的財産に関する調査研究 要約へ(824KB)
15 平成11年度総合開発計画調査事業工業化政策形成調査(アジア諸国における知的財産保護) 要約へ(711KB)
16 知的財産保護の将来像に関する調査研究 要約へ(814KB)
【特許庁委託工業所有権研究推進事業】
1 特許価値評価と特許統計   ロバート・H・ピットケスリー
2 特許出願公開に関する経済分析   青木 玲子
3 台湾における異議申立制度及び無効審判制度の現状と将来   李 欽賢
4 日本とフィリピンにおける特許及び商標制度の比較研究   マリア・テレサ・M・コルテス
5 アメリカ特許法における保護対象の変容 -いわゆる"Business Method Exception"を巡る動向について-   平嶋 竜太
米国工業所有権制度研究調査

▲このページの先頭へ 

【特許庁工業所有権制度問題調査研究】
1 知的財産権侵害訴訟における適正な訴訟手続等のあり方に関する調査研究
2 マドリッド・プロトコル及び商標制度の国際的調和に関する調査研究
3 デジタルコンテンツの法的保護のあり方に関する調査研究
4 オンライン(インターネット)による公報発行に関する調査研究
5 知的財産分野における裁判外紛争処理のあり方についての調査研究
6 今後の知的財産政策のあり方に関する調査研究
7 知的財産権の取得・活用及び研究開発の促進に向けた税制に関する調査研究
8 生物関連発明の特許出願に係る寄託体制のあり方に関する調査研究
9 平成10年度知的財産の紛争処理に関する調査研究
10 知的財産権制度の経済分析に関する調査研究
11 知的財産権と競争政策に関する調査研究
【特許庁委託工業所有権研究推進事業】
インターネット・ドメイン名と商標の抵触および日中両国の現行政策   唐广良(タン・グァンリァン)
日本と中国の特許制度についての比較研究 -特許審査制度を中心に-   徐 寧(シュウ・ニン)
日米における特許権侵害による損害賠償 -日本国特許庁の挑戦-   竹中 俊子
知的専門職分野の営業方法に対する特許付与の問題について   ジョン・R・トーマス
ダイリューションに対する差し止め規制の機能   佐藤 恵太
英国における特許クレーム解釈   井上 由里子
コンピュータ関連ビジネスメソッド発明の特許適格性について -State Street Bank v. Signature Financial事件を中心に-   関口 拓也
知的財産権に関する日越比較研究   レ・マイ・タン

▲このページの先頭へ 

【特許庁工業所有権制度問題調査研究】
1 ネットワーク商標問題調査研究
2 内外特許法におけるクレーム解釈を巡る問題についての調査研究(II)
3 知的財産管理活動の経済的効果に関する調査研究
4 知的財産権と競争に関する調査研究
5 平成9年度知的財産の紛争処理に関する調査研究 -裁判外紛争処理制度の調査報告-
6 平成9年度総合開発計画調査事業工業化政策形成調査(アジア諸国における知的財産権保護)
7 知的財産侵害に対する損害賠償・罰則のあり方に関する調査研究
8 商標の国際出願・登録制度に関する調査研究
9 データベースの法的保護のあり方に関する調査研究
10 ディジタルネットワーク上における工業所有権を巡る問題についての調査研究
11 諸外国における知的財産関連法及び訴訟の動向に関する調査研究
12 知的財産権関連サービスに関する調査研究
農業分野におけるバイオテクノロジー特許の活用に関する調査研究
【特許庁委託工業所有権研究推進事業】
工業所有権制度の韓日比較 -紛争解決を中心に-   尹 宣熙
知的財産権のエンフォースメント : 刑事罰に関する日タイ比較研究   ジュンポン・ファンスムリット
日本及びアメリカにおけるコンピュータソフトウェアの特許保護   カール・ルーピン
著作権法と工業所有権法の境界におけるデータベース保護 -EU, 米国, 日本の現状報告-   ヴィレム・グロシャイド
日本及びカナダにおける知的財産権問題と情報ハイウェーあるいはインターネット -域外適用あるいは管轄権の問題-   ロバート・G・ハウエル

▲このページの先頭へ 

平成8年度調査研究
1 知的財産の流通・活用の実態に関する調査研究
2 知的財産権の民事的救済に関する調査研究
3 周知商標の保護の実態及び情報交換に関する調査研究
4 意匠の創作評価のあり方に関する調査研究
5 新民事訴訟法下における審判制度に関する調査研究
6 内外特許法におけるクレーム解釈を巡る問題についての調査研究
7 不正競争防止法に関する調査研究
8 独占禁止法と知的財産法との関係に関する調査研究
9 知的財産の紛争処理に関する調査研究
10 高度情報化社会における知的財産の保護のあり方に関する調査研究
11 平成8年度総合開発計画調査事業知的所有権基盤整備計画調査(アジア諸国における非登録知的財産権)
日本の実用新案制度と中小企業の利用状況に関する調査研究   ロバート・ゾンマー
バイオテクノロジー関連発明の利用実態に関する調査研究
諸外国の工業所有権の料金施策に関する調査研究
コンピュータソフトウェア関連発明分野における日本の特許法および関連法規と新しいブラジル法体系の進展との比較研究   オットー・B・リックス
平成8年度知的財産の紛争処理に関する調査研究(競争環境整備のための民事的救済制度の検討)
知的財産権侵害物品の水際規制-行政法理と私法秩序(知的財産に関する基本的問題の調査研究)
知的財産の流通・活用の実態に関する調査研究
知的財産権侵害にかかる民事的救済に関する調査研究
高度情報化社会における知的財産の保護のあり方に関する調査研究

▲このページの先頭へ 

平成7年度調査研究
特許製品の並行輸入の取扱いのあり方に関する調査研究
デザイン活動の実態に合致した意匠保護のあり方に関する調査研究
商標に係る国際的動向を踏まえた商標権の迅速な権利付与及び不使用商標対策のあり方に関する国際的制度運用と実務の調査研究
今後の工業所有権関連研修制度のあり方に関する調査研究
知的財産権侵害にかかる民事的救済の適正化に関する調査研究
知的財産権の価値評価に関する調査研究
バイオテクノロジー関連発明の保護のあり方に関する調査研究
無効な広すぎるクレームの問題点 : 対応方法と費用   マービン・モッシェンボッカー
平成7年度知的財産の紛争処理に関する調査研究(アジア諸国における非登録地的財産権)
特許要件の再審査に関する特許庁と裁判所の役割分担(知的財産に関する基本的問題の調査研究)
知的財産権にかかる訴訟手続に関する調査研究
高度情報通信社会における国際知的財産権ルールに関する調査研究

▲このページの先頭へ 

平成6年度調査研究
知的財産保護の強化策と抑制策に関する調査研究
特許関連産業についての調査研究
特許微生物寄託体制のあり方に関する海外調査研究
意匠に係る物品と意匠保護のあり方に関する調査研究
今後の産業発展における知的財産政策のあり方に関する調査研究
技術標準を巡る知的財産権問題に関する調査研究
高度情報化社会における特許情報の提供のあり方に関する調査研究
商標に係る国際的動向を踏まえた商標権の迅速な付与及び不使用商標対策のあり方に関する調査研究
米国裁判所における国際特許訴訟   ジョン・R・トーマス
データベースのマルチメディア化に関する調査研究 
最近の米国判例とドイツ判例における均等論の比較研究
平成6年度知的財産の裁判外紛争処理に関する調査研究報告書Ⅰ : WTO・TRIPS協定に関する調査研究
平成6年度知的財産の裁判外紛争処理に関する調査研究報告書Ⅱ : WIPO仲裁センターに関する調査研究
マルチメディア社会実現のために必要な知的財産権ルールに関する調査研究
知的財産の経済効果に関する調査研究
知的財産についての経営対応に関する日英比較調査
知的財産に関する基本的問題の調査研究(商標の自他識別性に関する比較法的研究)
知的財産に関する基本的問題の調査研究(特許制度と経済活動)
工業所有権等知的財産保護の実態調査(科学技術政策と知的財産政策)
異議申立制度における口頭審理のあり方に関する調査研究

▲このページの先頭へ 

平成5年度調査研究
知的財産保護のあり方に関する研究
動物の特許保護に関する調査研究
意匠権の保護範囲の明確化に関する調査研究
商標保護と使用についての調査研究
外国著名商標の保護の実態及び商標の冒認出願に関する調査研究
平成5年度総合開発計画調査事業工業化政策形成調査(アジア諸国における知的財産保護) 
平成5年度「知的財産の経済的効果に関する基本問題調査研究」委託調査研究
均等論に関する日・欧・米の考え方の比較中間報告
知的財産権侵害訴訟および仲裁費用の実態に関する調査研究
平成5年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究報告書Ⅰ: 日米知的財産訴訟に関する調査研究
平成5年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究報告書Ⅱ : WIPO仲裁センターに関する調査研究
マルチメディアを巡る知的財産の保護に関する調査研究
訴訟手続における営業秘密の保護に関する調査研究
知的財産に関する基本的問題の調査研究報告書 : 商標法制と経済
知的財産に関する基本的問題の調査研究報告書 : 商標制度の法理論-商標ライセンスの既製を巡って
インダストリアルデザインの国際的保護のあり方に関する調査研究
プライバシーの権利、特に肖像及び氏名の権利保護について-日独司法判断の比較分析   クリストファー・ヒース
クリントン政権下における知的財産政策に関する調査研究

▲このページの先頭へ 

平成4年度調査研究
平成4年度「知的財産政策に関する調査研究」委託調査(不正競争防止法に関する調査研究)
平成4年度総合開発計画調査事業工業化政策形成調査(ASEAN諸国における知的財産保護)
特許制度の国際的調和実現のための諸外国制度・運用の調査研究
工業所有権関連技術の円滑な移転・流通に関する調査研究
特許出願に係わる動植物の受精卵及び種子のための寄託機関に関する調査研究
連合商標制度及び防護標章制度に関する調査研究
特許情報の流通と保護に関する調査研究
コンピュータ・ソフトウェアの法的保護に関する諸問題
営業秘密保護に関する実務上の諸問題
平成4年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究報告書Ⅰ : 日米知的財産訴訟に関する調査研究
平成4年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究報告書Ⅱ : 諸外国の知的財産保護制度に関する調査研究
平成4年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究報告書Ⅲ : 効果的な水際規制制度の検討
データベースの法的保護に関する調査研究
不正競争防止法改正に当たっての問題点に関する調査研究
技術ライセンスのロイヤルティ算定と評価に関する調査研究
知的財産に係る報酬請求権に関する調査研究
旧ソ連における知的財産制度に関する調査研究
知的財産に関する基本的問題の調査研究
米国出願及び特許におけるクレーム解釈の問題点 : 特にMeans plus Function Claimの解釈について
ヨーロッパ諸国における特許・実用新案保護のあり方の調査研究 : ドイツにおける特許侵害行為に対する救済手段とその行使手続きについての具体的考察

▲このページの先頭へ 

平成3年度調査研究
欧米特許庁の料金政策に関する基礎調査
意匠の国際的保護のあり方についての基礎的研究 
マドリッド協定加盟のための調査研究
技術開発成果の法的保護に関する研究
諸外国の原語出願の運用と問題点に関する調査研究
平成3年度「知的財産政策に関する調査研究」委託調査(不正競争防止法に関する調査研究)
知的財産に関する裁判外紛争処理の在り方
平成3年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究(各国知的財産保護に関する調査)
バイオ技術成果物の保護に関する調査研究
国際知的財産問題に関する調査研究
知的財産の金融商品化に関する調査研究
実務的観点からの営業秘密保護に関する調査研究
知的財産に関する動きとその文献

▲このページの先頭へ 

平成2年度調査研究
平成2年度「知的財産政策に関する調査研究」委託調査(財産的情報の保護に関する調査研究)
短ライフサイクル意匠の保護制度に関する調査研究
サーチレポート付き公開制度に関する基礎調査
クレーム解釈に関する判例の調査研究
欧米の立体商標・サービスマーク等の保護に関する基礎調査
タイプフェイスの保護制度に関する調査研究
平成2年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究 知的財産権紛争からみた仲裁制度に関する調査研究
財産的情報(トレードシークレット)の保護に関する調査研究
ニュービジネス分野における知的財産の実態に関する調査研究
不正競争防止法に関する調査研究
研究開発委託制度の改善に関する調査研究
平成2年度知的財産研究所研究者交流事業報告書[Ⅰ]
平成2年度知的財産研究所研究者交流事業報告書[Ⅱ]
欧米の知的財産関係法令・判例検索システムの現状
知的財産に関する基本的問題の調査研究報告書
ドイツ不正競争防止法 : 企業秘密関連判例集
欧米の知的所有権保護の動向

▲このページの先頭へ 

平成元年度調査研究
平成元年度「我が国知的所有権政策に関する調査研究」委託調査(財産的情報の保護に関する調査)
バイオテクノロジーの法的保護に関する調査研究
コンピュータ応用技術に関する発明の保護制度に関する基礎調査
短ライフサイクル意匠の保護に関する基礎調査
サービスマーク登録制度により保護されるサービスに関する基礎研究
法制度からみた諸外国における国有特許管理普及のあり方に関する基礎調査
タイプフェイスの保護のあり方に関する調査・研究について
財産的情報に関する調査研究 : 国内企業の財産的情報に関するアンケート調査
平成元年度知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究
財産的情報に関する調査研究 : 諸外国における財産的情報の法的保護について
主要各国における知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究
新技術の保護に関する調査研究
知的財産権のエンフォースメントに関する調査研究
欧米における知的財産と競争政策に関する調査研究

▲このページの先頭へ